「才能〈ギフト〉がなくても冒険者になれますか? 3 ~ゼロから始まる『成長』チート~ (HJ NOVELS) / かたなかじ」の感想

interest




無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「才能〈ギフト〉がなくても冒険者になれますか?」シリーズの3巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 「才能〈ギフト〉がなくても冒険者になれますか?」シリーズの3巻のあらすじ
  • 「才能〈ギフト〉がなくても冒険者になれますか?」シリーズの3巻の感想
  • 「才能〈ギフト〉がなくても冒険者になれますか?」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

について書いています。


「才能〈ギフト〉がなくても冒険者になれますか?」シリーズの3巻のあらすじ

ハル、ついにルナリアのご両親にご挨拶をする! !

調査に向かった森で、本来そこにいるはずのない上級モンスター・オーガロードと遭遇したハルとルナリア。
オーガロードを撃退し、本来の目的地であるルナリアの故郷にたどり着いた2人は大歓迎を受け、彼女の出生に関する秘密を知らされる。
ルナリアの家族とも再会を喜び合うハルたちだったが、やはりそこでも強力なモンスターがはびこっていた。
手こずる2人を手助けしてくれたのは、何とハルの憧れの冒険者だった──。
最強冒険者カップルの無双サーガ、待望の第3巻! !

引用元:Amazonより

「才能〈ギフト〉がなくても冒険者になれますか?」シリーズの3巻の感想

ハルとルナリアのやりとりは微笑ましい。

恋人同士ではないのに、初々しい雰囲気を醸し出すから、ニヤニヤしてしまうほど。

戦闘面では、ハルが前衛でルナリアが後衛で連携する。

お互い以心伝心なところがある。

ルナリアの故郷に向かうために、森の調査をする2人。

湖でも同じようなことがあったから、警戒をして挑むが本来いない敵に苦戦をしてしまう。

ハルはギフトに目覚めてから、おかしなことに巻き込まれている気がする。

それでもルナリアと2人で乗り越えていくから、今後もやりとりや戦闘などの展開が楽しみ。

「才能〈ギフト〉がなくても冒険者になれますか?」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事は「才能〈ギフト〉がなくても冒険者になれますか?」シリーズの3巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「才能〈ギフト〉がなくても冒険者になれますか?」シリーズの3巻のあらすじ
  • 「才能〈ギフト〉がなくても冒険者になれますか?」シリーズの3巻の感想
  • 「才能〈ギフト〉がなくても冒険者になれますか?」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント