「エロマンガ先生(4) エロマンガ先生VSエロマンガ先生G (電撃文庫) / 伏見 つかさ」の感想

interest




無月黒羽です。

今回の記事は『エロマンガ先生』シリーズ4巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 『エロマンガ先生』シリーズの4巻が読めるサブスク紹介
  • 『エロマンガ先生』シリーズの4巻のあらすじ
  • 『エロマンガ先生』シリーズの4巻の感想
  • 『エロマンガ先生』シリーズの著者紹介
  • 『エロマンガ先生』シリーズの挿絵・イラスト担当紹介

について書いています。


『エロマンガ先生』シリーズ4巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの文庫・ラノベ読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目は、BOOK☆WALKERの文庫・ラノベ読み放題

2022年1月31日の23:59までの期間限定です。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目は、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

『エロマンガ先生』シリーズ4巻のあらすじ

伏見つかさ×かんざきひろのコンビで贈る大人気シリーズ、待望の第4弾!
「よーっく聞けよ――ニセモノ野郎。オレ様が“本物”の『エロマンガ先生』だ」 「エロマンガ先生」の正統後継者を名乗る「エロマンガ先生G」の登場に動揺する紗霧。「エロマンガ先生」という恥ずかしいペンネームには、大きな秘密が隠されていた! 紗霧は、最強のライバルとペンネームを賭けて勝負することになる。紗霧が隠していた、恥ずかしいペンネームの秘密とは? 紗霧を圧倒する技量を誇る「エロマンガ先生G」の正体とは――? そして、和泉兄妹の新作『世界で一番可愛い妹』にも、新たなる展開が! ラノベ作家の兄とイラストレーターの妹が織り成す、業界コメディ最新刊!!

引用元:BOOK☆WALKERより

『エロマンガ先生』シリーズ4巻の感想

初代がいるとは思わなかったが、正当後継者と名乗る人物が登場する。

お絵かき対決で、決着をつけることになるが、沙霧が必殺技を身につけるために、動くが習得するための行為がかわいすぎる。

いろんな表情を見せる沙霧はかわいいのだが、イラストレーターとしてのキャラが変わるのも面白い。

アルミとエルフのやり取りは、仲睦まじい感じもあり、微笑ましい気持ちになる。

エルフはアルミには真名で呼ばれているところを見ると仲の良さが感じられる。

ムラマサは小説ではハイテクなる描写をしたのを書いているみたいだが、リアルでは原始人並みの機械オンチなのが面白い。

デレるところはかわいい。

アルミとの会話は面白いやり取りで、時にカオスな感じになるのが楽しい。

神楽坂とマサムネの電話のやり取りは、マサムネの鈍感さを感じられる。

担当編集だから、知ってることもあるだろうに、疑問に思わずにいるのは、さすがマサムネだと思った。

好意に関しては鈍感な部分があるのに、それ以外では敏感な部分があるから、ツッコミを入れたくなるところに、マサムネの人間味を感じる。

『エロマンガ先生』シリーズの著者紹介

2006年、第12回電撃小説大賞に『十三番目のアリス』で第三次選考に残りデビューしました。

2008年から発表しているシリーズ作品『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』もあり、2010年10月に深夜帯でテレビアニメ化もされました。

同作のアニメ版の第9話「俺の妹がこんなにエロゲー三昧なわけがない」では脚本も担当しています。

2013年より刊行された『エロマンガ先生』は2016年にテレビアニメ化が決定し、2017年4月より放送されました。

同アニメ版の第8話「夢見る紗霧と夏花火」や、第11話「二人の出会いと未来の兄妹」、第12話「エロマンガフェスティバル」では脚本を担当している。

『エロマンガ先生』シリーズの挿絵・イラスト担当紹介

かんざき ひろは『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』も担当されています。

  • 織田広之
  • Hiroyuki ODA
  • 鼻そうめんP
  • HSP

などの別名義でイラストレーター以外にも、アニメーターや作曲家、編曲家としても活動もされています。

さいごに

今回の記事の内容は

  • 『エロマンガ先生』シリーズの4巻が読めるサブスク紹介
  • 『エロマンガ先生』シリーズの4巻のあらすじ
  • 『エロマンガ先生』シリーズの4巻の感想
  • 『エロマンガ先生』シリーズの著者紹介
  • 『エロマンガ先生』シリーズの挿絵・イラスト担当紹介

についてでした。

関連>>>「エロマンガ先生(3) 妹と妖精の島 (電撃文庫) / 伏見 つかさ」の感想

関連>>>ラノベ「エロマンガ先生」シリーズ全巻まとめ

コメント