「俺のペットは聖女さま4 / ムク文鳥」の感想

interest

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「俺のペットは聖女さま」シリーズの4巻の感想ブログです。

✔️記事の内容

  • 「俺のペットは聖女さま」シリーズの4巻のあらすじ
  • 「俺のペットは聖女さま」シリーズの4巻の感想
  • 「俺のペットは聖女さま」シリーズの4巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「俺のペットは聖女さま」シリーズの4巻のあらすじ

神官戦士としても魔獣狩りとしても大きく成長した辰巳。隣りにはいつもチーコがいて、恋も仕事も大充実の毎日を送っていた。そんな折、国をあげて新年を祝うお祭りが開催されることになり、2人はサヴァイヴ教団の催し物の手伝いに駆り出される。だがそこで、悪戯好きの好々爺ジュゼッペが、とある企画を耳打ちしてくる。そして辰巳はチーコを喜ばせるために、国民たちを巻き込んで一世一代のサプライズを仕込むのであった。
――愛する想いと勇気と度胸、全てをフルに働かせ、辰巳はチーコに問い掛ける!

引用元:BOOK☆WALKERより

「俺のペットは聖女さま」シリーズの4巻の感想

辰巳とチーコは婚約関係になり、イチャラブ度が増して仲睦まじい。

時々、お互いが照れて初々しさがあるから、周りから冷やかしの言葉を投げかけられるのも、2人の雰囲気を見守っている感じがある。

ガイルやジョルトと出会い、新たな友人ができる辰巳。

ガイルは新年祭で突っかかるが、打ち解けた上に、いい関係になる。

ジョルトは辰巳と親友になりたいがために行動をし、王族なのに気さくな感じで、辰巳とやりとりは仲の良さを感じる。

新年祭では辰巳も役割りがあるが、チーコとの時間も堪能し、イチャラブな雰囲気を醸し出す。

ジュゼッペの悪巧みが決行されたときは感動。

今後の辰巳とチーコの幸せな感じが今後も続き、友人たちのやりとりが楽しみ。

「俺のペットは聖女さま」シリーズの4巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目は、BOOK☆WALKERの読み放題

2021年5月31日23:59までの期間限定で、読むことができます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目は、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事は「俺のペットは聖女さま」シリーズの4巻の感想ブログです。

今回の記事の内容は

  • 「俺のペットは聖女さま」シリーズの4巻のあらすじ
  • 「俺のペットは聖女さま」シリーズの4巻の感想
  • 「俺のペットは聖女さま」シリーズの4巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました