「乃木坂春香の秘密(12) (電撃文庫) / 五十嵐 雄策」の感想

interest

無月黒羽です。

今回の記事は「乃木坂春香の秘密」シリーズ12巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「乃木坂春香の秘密」シリーズ12巻のあらすじ
  • 「乃木坂春香の秘密」シリーズ12巻の感想
  • 「乃木坂春香の秘密」シリーズ12巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「乃木坂春香の秘密」シリーズ12巻のあらすじ

いよいよ佳境に突入!? 満を持して椎菜も本格参戦! 春香と裕人の恋の物語の行方は──!?
容姿端麗で才色兼備、『白銀の星屑』という二つ名まで持つ超お嬢様、乃木坂春香。彼女と過ごす花の高校二年生最後にして最大のイベントでもある修学旅行は、一つ一つが二人の大切な想い出として記憶されていったのだが、この旅行に懸けていたのは椎菜も同じだったらしく──。 修学旅行最終夜。女子部屋で始まったゲームの最中、椎菜の告げてきた「好き」発言と暗闇の中での唇同士の接触……。そんな出来事を経て、修学旅行は最終日を迎える。地元小樽で本当の自分の気持ちを明らかにしてくる椎菜。それを受け、今まで考えたこともなかった自分の心の内側を真剣に考え始めた俺は──。 いよいよ佳境を迎えるお嬢様のシークレット・ラブコメ第十二弾。

引用元:BOOK☆WALKERより

「乃木坂春香の秘密」シリーズ12巻の感想

由香里のやらかしでハプニングに見舞われることになり、裕人と春香、椎菜がぎこちない雰囲気になる。

生徒がやらかしをするならわかるが、なぜ引率者がやらかすんだろうと思うと笑える。

2回もやらかしで迷惑をかけたことで、強制送還される由香里は面白すぎる。

良子のマイペースでテンションが高く、賑やかさがあるのに、由香里が含まれるとカオスになる。

それが笑いを誘うほどの面白さがある。

乃木坂家のメイド隊の面々は個性的で有能だから、賑やかさと面白さがある。

葉月の「企業秘密です」のくだりは久々にあり、発言が面白いので笑える。

有無を言わさぬ感じがいい。

アリスの伝えたいことがわかるようになっている裕人が凄いと思う。

椎菜が今回は頑張りに拍手を送りたい。

裕人に対しての好意を隠さずに、アプローチする姿は応援したくなる。

頑張りのほかに、イカに対する愛が深いこともわかる。

犬に苦手意識を持ったエピソードは面白い。

「乃木坂春香の秘密」シリーズ12巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの文庫・ラノベ読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目は、BOOK☆WALKERの文庫・ラノベ読み放題

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目は、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「乃木坂春香の秘密」シリーズ12巻のあらすじ
  • 「乃木坂春香の秘密」シリーズ12巻の感想
  • 「乃木坂春香の秘密」シリーズ12巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

関連>>>「乃木坂春香の秘密(11) (電撃文庫) / 五十嵐 雄策」の感想

関連>>>ラノベ「乃木坂春香の秘密」シリーズ全巻まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました