「さくらい動物病院の不思議な獣医さん(4) (双葉文庫) / 竹村優希」の感想

interest

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「さくらい動物病院の不思議な獣医さん」シリーズの4巻の感想ブログです。

✔️記事の内容

  • 「さくらい動物病院の不思議な獣医さん」シリーズの4巻のあらすじ
  • 「さくらい動物病院の不思議な獣医さん」シリーズの4巻の感想
  • 「さくらい動物病院の不思議な獣医さん」シリーズの4巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「さくらい動物病院の不思議な獣医さん」シリーズの4巻のあらすじ

動物看護士の優生が病院から姿を消して、5日。メールも電話も繋がらなかった。
そんなある日、手塚が、見知らぬ女性から預かったと、病院に鳥用のケージを持ってきた。
中には、優生が可愛がっていたオカメインコのぴよ次がいた。
10日後、亜希はついに、優生の家を訪ねてみるが――大人気シリーズ第4弾!

引用元:Amazonより

「さくらい動物病院の不思議な獣医さん」シリーズの4巻の感想

優生の失踪で亜希は、不安や恐怖を覚えながらも、病院でのお仕事に向き合う。

縁の下の力持ち的存在がいなくて、手がつかなくなってもおかしくない。

ただ、亜希の中には動物のためってのが強くあるから、優生がいない分がんばろうとしている。

そんな中、優生が飼っている動物たちがやってくる。

なにか意図がある感じがあるが、仲の良い動物たちに亜希は癒される。

ぴよ次、ふく助、メロが仲睦まじい雰囲気は微笑ましい。

3匹とも種類が違うのに戯れる光景はかわいくてほのぼのとする。

優生不在の時に手塚は、亜希のことを支える。

好きな人でもあるから、できる行動ではある。

抜け駆けをしようとすると、ぴよ次やふく助に邪魔をされてしまうところは笑える。

今後の2人はどんなふうになっていくのか楽しみです。

「さくらい動物病院の不思議な獣医さん」シリーズの4巻が読めるサブスク紹介

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事は「さくらい動物病院の不思議な獣医さん」シリーズの4巻の感想ブログです。

✔️記事の内容

  • 「さくらい動物病院の不思議な獣医さん」シリーズの4巻のあらすじ
  • 「さくらい動物病院の不思議な獣医さん」シリーズの4巻の感想
  • 「さくらい動物病院の不思議な獣医さん」シリーズの4巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント