当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「神スキルの門番2 元英雄職「魔法剣士」が志す、悠々自適な「門番」ライフ (ファミ通文庫) / 春日山 せいじ」の感想

この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

今回の記事は「神スキルの門番」シリーズの2巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「神スキルの門番」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「神スキルの門番」シリーズの2巻の感想
  • 「神スキルの門番」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「神スキルの門番」シリーズの2巻のあらすじ

魔神王を倒す鍵は……ロンギヌスの槍!!
魔神を倒したことで、束の間の平穏が訪れたラーマの街と北門。少しずつ門番の仕事にも慣れてきたリューイと他の門番仲間に、パティは魔神に関する重要な”秘密”について語る。それはラーマの地下に魔神王を倒す鍵、神をも殺すと言われる『ロンギヌスの槍』が眠っているということだった!! その探索に向かうことになったリューイ達だったが、彼らの前に新しく赴任したラーマの太守が立ち塞がる……!? 元最強魔法剣士のまったりできない門番ライフ、第2弾!

引用元:BOOK☆WALKERより

「神スキルの門番」シリーズの2巻の感想

英雄職である魔法剣士を捨ててまで、憧れの門番になったリューイだが、平穏な門番生活がしたいのにそうならない。

暗黒騎士姿のミロも門番としているが、ラスボス認定されていて、トラブルになっているところは面白い。

平穏な日々とはほど遠い状態が笑える。

ミロは暗黒騎士姿だけど、可愛い一面もある。

門番仲間のキャラもクセがあり、やり取りが面白く楽しませてくれる。

ダンジョン攻略では、リューイと逸れたミロが暴走する。

スノートラとアイスマリーでは手がつけられないほどなのが、ミロがリューイと離れたくないのかと思いと可愛く感じる。

パティ以外の門番仲間のスノートラとアイスマリーはS級のモンスターも難なく倒す。

2人とも可愛いだけでなく強さもある。

リューイが平穏な門番生活がおくれるのかが気になる。

「神スキルの門番」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

「神スキルの門番」シリーズは、BOOK☆WALKERの読み放題で読むことができる。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「読み放題 マンガコース」と「読み放題 MAXコース」の2つのサービスがあります。

「読み放題 MAXコース」では、月額1100円(税込)で、

  • マンガ単行本
  • マンガ雑誌
  • アニメ・声優誌など
  • ライトノベル
  • 新文芸
  • 文芸・小説

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額1100円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「神スキルの門番」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「神スキルの門番」シリーズの2巻の感想
  • 「神スキルの門番」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

関連記事

>>「神スキルの門番 元英雄職「魔法剣士」が志す、悠々自適な「門番」ライフ (ファミ通文庫) / 春日山 せいじ」の感想