「異世界はスマートフォンとともに。13(HJ NOVELS) / 冬原パトラ」の感想

interest

無月黒羽です。

今回の記事は「異世界はスマートフォンとともに。」シリーズの13巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「異世界はスマートフォンとともに。」シリーズの13巻のあらすじ
  • 「異世界はスマートフォンとともに。」シリーズの13巻の感想
  • 「異世界はスマートフォンとともに。」シリーズの13巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「異世界はスマートフォンとともに。」シリーズの13巻のあらすじ

ブリュンヒルドで関係各国を招いた競技祭が開催され、各国の代表たちは様々な競技でしのぎを削っていた。なんとか大会も滞りなく終わろうとしていたその時、大きな次元震が観測される。そこには、人型のフレイズがその姿を現していて――。大人気異世界ほのぼのファンタジー第13巻!

引用元:BOOK☆WALKERより

「異世界はスマートフォンとともに。」シリーズの13巻の感想

パルーフ王国の少年王は将棋が得意だけど、自信がないから、将棋の大会をブリュンヒルド公国で開催することに。

冬夜の思いつきではあるが、将棋のみではなく、野球や武術も加わり、スケールが大きくなっていて面白い。

ただ、参加した者たちは楽しんでいるから、やった甲斐はあったように思える。

祭りみたいになってしまったが、準備の段階では9人の婚約者と一緒に試食などを行なっており、やりとりが仲睦まじく微笑ましい。

祭り本番では桜の父で魔王も来ていて、親子のやりとりが面白い。

桜が魔王に対しての発言が笑える。

この親子が普通になるのはいつになるやら。

ただ、こういった関係も違った形の家族みたいで微笑ましい。

フレイズや裏世界に関しての謎などもあるけど、祭りみたいな日常も面白い。

今後は裏世界に行ったりするだろうから楽しいです。

「異世界はスマートフォンとともに。」シリーズの13巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「異世界はスマートフォンとともに。」シリーズの13巻のあらすじ
  • 「異世界はスマートフォンとともに。」シリーズの13巻の感想
  • 「異世界はスマートフォンとともに。」シリーズの13巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

関連>>>「異世界はスマートフォンとともに。12(HJ NOVELS) / 冬原パトラ」の感想

コメント