「この世界、わたしに都合がいいようです!2 (角川スニーカー文庫) / 気がつけば毛玉」の感想

interest

無月黒羽です。

今回の記事は「この世界、わたしに都合がいいようです!」シリーズの2巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「この世界、わたしに都合がいいようです!」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「この世界、わたしに都合がいいようです!」シリーズの2巻の感想
  • 「この世界、わたしに都合がいいようです!」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「この世界、わたしに都合がいいようです!」シリーズの2巻のあらすじ

お姉さま、だ~いすき! アウローラ絶対絶命!男嫌いな最強の妹、降臨!?
容姿端麗、地位は王族、従える家臣たちは美少女揃い。夢のような異世界転生を遂げた少年(♀)は、日々男に戻る方法を探していた。そんな時、城内に凶悪なドラゴンが出現し――主人公を溺愛する妹が舞い降りた!?

引用元:BOOK☆WALKERより

「この世界、わたしに都合がいいようです!」シリーズの2巻の感想

アウローラの妹のルウナが登場。

ルウナはアウローラのことが好きすぎて、甘えるところはかわいい。

姉妹の戯れ合うから癒される。

アウローラは側近たちを、自分の欲望のために巻き込むが、ルウナも同じようで、姉妹だなと感じる。

ルウナはアウローラと一緒に居たからで、やりとりは仲睦まじい。

アウローラとメモリアのやりとりは、主君と側近の関係でもあり、幼なじみの関係でもあるから、微笑ましく仲睦まじい。

時々、メモリアがかわいい反応をするから癒される。

メモリアはアウローラの前世が男の子というのを知っているから、巻き込まれても鋭いツッコミをいれるけど、嫌な顔をせずに側にいるから和む。

姉やのベラとソフィアも幼なじみ同士でやりとりが微笑ましい。

ソフィアの場合は、口調が口調なだけに緩い雰囲気なる。

アウローラとルウナが一緒に戦闘は、姉妹の仲睦まじい雰囲気がある。

「この世界、わたしに都合がいいようです!」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目は、BOOK☆WALKERの読み放題

2021年4月30日23:59までの期間限定で、読むことができます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目は、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「この世界、わたしに都合がいいようです!」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「この世界、わたしに都合がいいようです!」シリーズの2巻の感想
  • 「この世界、わたしに都合がいいようです!」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました