当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「天狗町のあやかしかけこみ食堂 (マイナビ出版ファン文庫) / 栗栖ひよ子」の感想

この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「天狗町のあやかしかけこみ食堂」の感想ブログです。

✔️記事の内容

  • 「天狗町のあやかしかけこみ食堂」のあらすじ
  • 「天狗町のあやかしかけこみ食堂」の感想
  • 「天狗町のあやかしかけこみ食堂」が読めるサブスク紹介

について書いています。

「天狗町のあやかしかけこみ食堂」のあらすじ

お客さんが“あやかし”なんて聞いていないよ!?

仕事で疲れきっていた箸本なつめは、祖母の突然の訃報を聞き実家に帰ることに。
彼女は祖母の意思を継ぎ、食堂『ほたる亭』を引き継いだのだが…そこは、人間だけではなく神様もやってくる食堂だった…!?

引用元:Amazonより

「天狗町のあやかしかけこみ食堂」の感想

箸本なつめは祖母の訃報で実家に戻り、祖母の家と食堂『ほたる亭』を譲られる。

食堂『ほたる亭』は人間もあやかしも神様もお客様として、食事を提供する場所。

祖母の意思を受け継ぎ、さまざまなあやかしと関わっていく。

常連の紅葉は謎が多い人物ではあるが、なつめがあやかしたちの問題解決を、アドバイスなどで協力する。

やりとりでは、時にストレートな言葉を投げかけるから、なつめがドキッとしているところは微笑ましい。

関わったあやかしとのエピソードは、どれも切なさはあるものの心温まる。

二又のソウセキや三つ巴の茶々丸、白雪、琥珀が可愛らしくて癒される。

「天狗町のあやかしかけこみ食堂」が読めるサブスク紹介

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事は「天狗町のあやかしかけこみ食堂」の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「天狗町のあやかしかけこみ食堂」のあらすじ
  • 「天狗町のあやかしかけこみ食堂」の感想
  • 「天狗町のあやかしかけこみ食堂」が読めるサブスク紹介

についてでした。