「僕のクラスには校内一有名な美人だけどコミュ障な隣人がいます。(1) (モンスター文庫) / 識原佳乃」の感想

interest




無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「僕のクラスには校内一有名な美人だけどコミュ障な隣人がいます。」シリーズの1巻の感想ブログです。

✔️記事の内容

  • 「僕のクラスには校内一有名な美人だけどコミュ障な隣人がいます。」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「僕のクラスには校内一有名な美人だけどコミュ障な隣人がいます。」シリーズの1巻の感想
  • 「僕のクラスには校内一有名な美人だけどコミュ障な隣人がいます。」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

について書いています。


「僕のクラスには校内一有名な美人だけどコミュ障な隣人がいます。」シリーズの1巻のあらすじ

僕・相田君孝のクラスには、校内一の有名人・江里美奈がいる。
しかし、そんな容姿端麗で文武両道の完璧超人に見える彼女には、僕と同じ“コミュ障”という弱点があった。
特に関わりがなかった彼女と、席が隣になったことから少しずつ距離が縮まって……。
コミュ障の2人がゆったりと紡ぐ、じれじれラブコメディ。

引用元:Amazonより

「僕のクラスには校内一有名な美人だけどコミュ障な隣人がいます。」シリーズの1巻の感想

相田君考と江里美奈のイチャイチャっぷりはほのぼのしていて微笑ましい。

ただ、お互いがコミュ障なので、焦った気持ちにさせるが、それがまたなんとも言えない尊さがある。

距離感が少しバグっている気がする。

クラスメイトで、まだ友達といえる関係性がない段階で、恋人繋ぎをしたりするから面白い。

お互いの視点で語られるが、江里美奈がかわいすぎて癒される。

コミュ障だからなのか、言動や行動、しぐさがいちいちかわいい。

イチャイチャする2人を担任やクラスメイトたちが心温かい目で見ているのも、いいクラスではある。

ただ、リアクションが面白いから笑いを誘う。

今後の2人の関係性の進展やどんどんイチャイチャっぷりを見せてくれるのかが楽しみです。

「僕のクラスには校内一有名な美人だけどコミュ障な隣人がいます。」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事は「僕のクラスには校内一有名な美人だけどコミュ障な隣人がいます。」シリーズの1巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「僕のクラスには校内一有名な美人だけどコミュ障な隣人がいます。」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「僕のクラスには校内一有名な美人だけどコミュ障な隣人がいます。」シリーズの1巻の感想
  • 「僕のクラスには校内一有名な美人だけどコミュ障な隣人がいます。」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント