「文句の付けようがないラブコメ3 (ダッシュエックス文庫) / 鈴木大輔」の感想

interest

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「文句の付けようがないラブコメ」シリーズの3巻の感想ブログです。

✔️記事の内容

  • 「文句の付けようがないラブコメ」シリーズの3巻のあらすじ
  • 「文句の付けようがないラブコメ」シリーズの3巻の感想
  • 「文句の付けようがないラブコメ」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「文句の付けようがないラブコメ」シリーズの3巻のあらすじ

もうくり返さない。ここで終わらせる。 再構築された世界(せかい)でも惹かれ合った優樹と世界(セカイ)。 世界は次第に学校にも溶け込んでゆき、彼らの平穏な日々は今度こそ続いていく――と思われたが。世界の態度はどこか煮え切らず、優樹は不審を抱いていた。 そんなある日、おチヨによって世界(せかい)と世界(セカイ)の秘密は暴かれ、無情にも決断の刻が迫りつつあることを知らされる。 九十九(つくも)機関から逃れるためにあらゆる手段を使った逃避行の末、辿り着いたのはとある港町の修道院。 そこでささやかな“願い”を果たそうとする二人を待ち受ける運命とは――

引用元:BOOK☆WALKERより

「文句の付けようがないラブコメ」シリーズの3巻の感想

前巻の続きから始まる。世界はまたもや、不登校になるが、春子が兄の優樹を慮っての行動。

本当に春子はブラコンで、発言がぶっ飛んでいて面白い。

しかも、健気さがあるからかわいい。

そんな春子に「九十九機関」のことを質問された優樹は、はぐらかすことをしつつも決意をしている。

優樹が奮闘することで、世界は学校に来るようになり、同級生と和気藹々とする風景は和む。

ちょくちょくかわいい反応をする世界に癒される。

優樹とおチヨとの戦うシーンは迫力がある。

普段のおチヨは世界をからかったりしていたからギャップがある。

以前から不思議な雰囲気のある女性ではあったが、世界に対しては慕っているところもある。

優樹とのやりとりは面白く楽しいものでもある。

事実を知った優樹は世界とずっと一緒に居たいから、おチヨの協力の元で逃避行を実行する。

何度も繰り返している優樹と世界は、何度も恋をするのは、儚くも眩しさを感じる。

幸せになってほしい気持ちが、胸いっぱいになるから、今後どんな展開になるのか楽しみ。

「文句の付けようがないラブコメ」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERの文庫・ラノベ読み放題にて、2021年6月30日23:59までの期間限定で、読むことができます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は「文句の付けようがないラブコメ」シリーズの3巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「文句の付けようがないラブコメ」シリーズの3巻のあらすじ
  • 「文句の付けようがないラブコメ」シリーズの3巻の感想
  • 「文句の付けようがないラブコメ」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました