「お菓子職人の成り上がり~天才パティシエの領地経営~(2) (Mノベルス) / 月夜涙」の感想

interest

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「お菓子職人の成り上がり~天才パティシエの領地経営~」シリーズの2巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 「お菓子職人の成り上がり~天才パティシエの領地経営~」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「お菓子職人の成り上がり~天才パティシエの領地経営~」シリーズの2巻の感想
  • 「お菓子職人の成り上がり~天才パティシエの領地経営~」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「お菓子職人の成り上がり~天才パティシエの領地経営~」シリーズの2巻のあらすじ

貧乏貴族の家に産まれたクルト。彼の前世は天才菓子職人。クルトは長として未開の領地を開拓しながら、世界一の菓子職人を目指す――。選定の儀を終え、見事次期当主の座を勝ち取ったクルト。そして、さっそくクルトは辺境伯に依頼された公爵家に贈る「誰も見たことのない菓子作り」に挑むのだが……。養蜂に果樹園作りに、交易によるお菓子の材料集めと、新米村長の毎日は大忙し。甘いお菓子で異世界の人々を魅了せよ!「小説家になろう」発スローライフファンタジー待望の第二弾。

引用元:BOOK☆WALKERより

「お菓子職人の成り上がり~天才パティシエの領地経営~」シリーズの2巻の感想

クルトが治める村にフォルノを迎えるために、フォルノの執事のヴォルグがやってくる。

執事なのに屋敷建設とクルトの訓練をすることに。

フェルナンデ辺境伯の思惑もあったりするが、期待されている気がする。

エクラバでは闇の部分もあり、少し悲しく感じるが、クルトはそこで出会った子どもたちを村に移住させる。

活き活きとしていて、クルトのことを慕っているのか、ヒシヒシと伝わってくる。

今までの生活とは違うから、これからはクルトが治める村で活躍が楽しみ。

精霊の里からエルフのクロエがやってくる。

救いを求めて人間の村に来たが、腹を空かせて倒れるのは面白い。

ただ、里の人たちを救いたい気持ちが強いと感じる。

そして、精霊の里では命としきたりで、頭を悩ませてしまうが、クロエや長の気持ちには感銘を受ける。

クルトはまだまだ新米領主だが、お菓子で領地運営をするために日々奮闘する。

いろいろ仲間も加わりどんどん賑やかさも増してきたから、今後どんなふうになっていくのか楽しみです。

「お菓子職人の成り上がり~天才パティシエの領地経営~」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目は、BOOK☆WALKERの読み放題

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目は、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事は「お菓子職人の成り上がり~天才パティシエの領地経営~」シリーズの2巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「お菓子職人の成り上がり~天才パティシエの領地経営~」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「お菓子職人の成り上がり~天才パティシエの領地経営~」シリーズの2巻の感想
  • 「お菓子職人の成り上がり~天才パティシエの領地経営~」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント