「新妹魔王の契約者Ⅷ(角川スニーカー文庫) / 上栖 綴人」の感想

interest

無月黒羽です。

今回の記事は「新妹魔王の契約者」シリーズの8巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「新妹魔王の契約者」シリーズの8巻のあらすじ
  • 「新妹魔王の契約者」シリーズの8巻の感想
  • 「新妹魔王の契約者」シリーズの8巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「新妹魔王の契約者」シリーズの8巻のあらすじ

【電子版特典つき】隠された真実が徐々に明らかになる第8巻!!
魔界での決戦を終えた刃更達が帰る間際、ラムサスに放たれた言葉、それは東城刃更の考える『真実』だった――。人間界に戻ると、万理亜とゼストの家事争奪戦が勃発。そして長谷川先生が刃更を旅行に誘ってきて――。電子版特典として【SDキャライラスト集】を特別収録!

引用元:BOOK☆WALKERより

「新妹魔王の契約者」シリーズの8巻の感想

刃更がラムサスに語った仮説は腑に落ちる部分が多い。

ただ、ラムサスは肯定も否定もしていないから、真意は闇の中ではある。

それでも、違った形で澪と万理亜を守ろうとしているのは、ジーンときて感動した。

ラムサスは立場があり、辛い決断だったのではと思うと、切ない気持ちになる。

が、貫くところは見習いたい。

穏健派と現魔王派との争いから解放され、人間界に戻った刃更たちの日常は、ゼストが加わり賑やかさが出ている。

万理亜は澪や柚希、胡桃にイタズラをする場面は微笑ましい。

やられる方はたまったものではないけど、仲睦まじい感じがして、戦いのない日常にほのぼのとする。

万理亜がわがままを言うところはかわいい。

大きなお風呂や部屋の数にこだわりを持つが、現実的に難しいことを知り、意気消沈っぽくなるが、ラースの助け舟と刃更の優しさに救われる。

ゼストの魔法で家に地下を作るというのは、魔法って便利だなと思うとともに、ラースのぶっ飛んだ発想は凄い。

長谷川との2人で旅行で、刃更の出生の秘密が明らかになる。

切ない気持ちにもなるが、愛に包まれて刃更が生まれたと知って、感動で涙が出た。

今回はバトルはなかったが、日常のほのぼのとした感じがあり、その中にエロさもあり、束の間の平和を感じられる。

今後の刃更たちの展開が気になり楽しみ。

「新妹魔王の契約者」シリーズの8巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目、BOOK☆WALKERの読み放題

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「新妹魔王の契約者」シリーズの8巻のあらすじ
  • 「新妹魔王の契約者」シリーズの8巻の感想
  • 「新妹魔王の契約者」シリーズの8巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

関連記事

7巻の感想は、下記を参照ください。

>>「新妹魔王の契約者Ⅶ(角川スニーカー文庫) / 上栖 綴人」の感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました