「こんこん、いなり不動産 ~あやかしシェアハウス、はじめます! ~ (マイナビ出版ファン文庫) / 猫屋ちゃき」の感想

interest

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「こんこん、いなり不動産」シリーズの2巻の感想ブログです。

✔︎記事の内容

  • 「こんこん、いなり不動産」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「こんこん、いなり不動産」シリーズの2巻の感想
  • 「こんこん、いなり不動産」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「こんこん、いなり不動産」シリーズの2巻のあらすじ

あやかし達が集まって一緒に暮らせる場所があればいいんだ…

人間だけでなく妖(あやかし)の相談も受けている、不思議な不動産屋に勤める亜子は、様々な妖のニーズに応えるために「あやかしシェアハウス」を設立することを思いつく。
キツネ顔の社長・幸吉や人面犬、狸の妖に手伝ってもらいながら、奮闘する亜子だったが、とある事件をきっかけに疫病神に取り付かれて…。
こっそり人と妖が共存する町の、不思議な不動産屋ストーリー!

引用元:Amazonより

「こんこん、いなり不動産」シリーズの2巻の感想

藤代亜子は井成幸吉が経営する井成不動産で働きつつ、いろんな人や妖怪と触れ合い、繋がりを持つ。

井成不動産は、人間にも妖怪にも相談を受け、亜子がいい家を見つけてあげるために奮闘する。

亜子と幸吉のやりとりは、微笑ましい空気があったり、面白さもある。

東山杏奈、綾瀬好彦、深沢に出会う。

お客様ではあったが、その後も繋がりがあり、ほのぼのした心が温かくなる気持ち。

人と繋がりだけではなく、妖怪たちとも繋がりが生まれていて、イタチたちがかわいくて癒しをもたらしてくれる。

亜子が人間と妖怪のシェアハウスの計画し、奮闘する姿は応援したくなる。

今まで出会った人と妖怪が協力するところは感動する。

亜子はある時、疫病神に憑かれて不幸を寄せつけてしまうようになる。

ただ、ドジっ子っぽさがあるからかわいく思える。

しかも、疫病神から福の神になると聞かされてからは、前向きになるところは面白い。

あとは、幸吉との関係も今後どんな進展ができるのか楽しみです。

「こんこん、いなり不動産」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事は「こんこん、いなり不動産」シリーズの2巻の感想ブログでした。

✔︎記事の内容

  • 「こんこん、いなり不動産」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「こんこん、いなり不動産」シリーズの2巻の感想
  • 「こんこん、いなり不動産」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました