当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「区民課浅草分室あやかし交渉係 (双葉文庫)/紅原 香」シリーズ全巻のあらすじ・感想

この記事は約2分で読めます。

今回の記事は、「区民課浅草分室あやかし交渉係 (双葉文庫)/紅原 香」シリーズ全巻のあらすじ・感想のブログです。

「区民課浅草分室あやかし交渉係 (双葉文庫)/紅原 香」シリーズは1巻まで刊行されており、各巻のあらすじと感想を紹介しています。

「区民課浅草分室あやかし交渉係 (双葉文庫)/紅原 香」のあらすじ・感想

「区民課浅草分室あやかし交渉係 (双葉文庫)/紅原 香」のあらすじ

台東区役所あんしん相談係の蓮見茉莉華は、
影が薄いのか人から認識されにくいのが悩み。
今日も区民の安心のため、苦情現場に向かった茉莉華が出会ったのは、
イケメンだけれど奇妙な行動をとっていた文化人類学者、鴻野周だった。
茉莉華は、『あやかし交渉係』と名乗る鴻野と一緒に、
不思議な事件を“交渉”で解決することになって…。

『人ならざるもの』の通り道・浅草を舞台に巻き起こる、
あやかし×お仕事ファンタジー!

引用元:Amazonより

「区民課浅草分室あやかし交渉係 (双葉文庫)/紅原 香」の感想

台東区役所あんしん相談係で働いている蓮見茉莉華は、影が薄いのか人から認識されにくい特異能力の持ち主で、自動ドアにさえも反応してもらえない悩みを抱えている。

区民の安心のため、苦情現場に向かい、奇妙な行動をする鴻野周と出会う。

『あやかし交渉係』で不思議な事件を“交渉”で解決することになっていく。

鴻野周は文化人類学者で、あやかしに関しての好奇心は人一倍強い。

本当にあやかしのことが好きで仕方がないのだと思えるほど。

そのために茉莉華は振り回されている感じはある。

しかし、2人のやりとりはズレのようなものがあって面白い。

>>>目次に戻る

「区民課浅草分室あやかし交渉係 (双葉文庫)/紅原 香」シリーズ全巻が読めるサブスク紹介

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事は、「区民課浅草分室あやかし交渉係 (双葉文庫)/紅原 香」シリーズ全巻のあらすじ・感想のブログでした。