当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う2 (角川スニーカー文庫) / 昼熊」の感想

この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う」シリーズの2巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 「自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う」シリーズの2巻の感想

について書いています。

「自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う」シリーズの2巻のあらすじ

異世界に転生した流浪の”自動販売機”、大激闘の第二弾開幕!!
恋の相談、料理対決、お披露目会、etc……。異世界で様々な商売に
勤しむ自販機ハッコンの前に、軽薄な笑みを浮かべる男が訪れる。
実力派ハンターとして名を馳せる愚者の奇行団ケリオイルの勧誘で、
遠征メンバーとして駆り出されたハッコン、ラッミス、ヒュールミの一行は
階層奥深くの巨大ワニを調査する事に! しかし、予想外のトラブル
連続で相棒ラッミスとはぐれダンジョン奥深くで孤立してしまい……!? 異世界に転生した流浪の”自動販売機”、大激闘の第二弾開幕!!
【電子特別版】として、著者書き下ろしSSを収録!

引用元:BOOK☆WALKERより

「自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う」シリーズの2巻の感想

ラッミスはハッコンが攫われてしまったことで、より一層そばから離れないところは健気さを感じる。

ヒュールミとのやりとりでは幼馴染の関係でもあるから微笑ましい。

恋の相談、料理対決、お披露目会などがあり、清流の湖階層の人たちから受け入れられている。

みんないい人でもあり、個性的さもあって、やりとりが面白い。

実力派ハンターの愚者の奇行団の誘いで、ハッコンたちは階層奥深くの巨大ワニを調査をする。

ただ、ある出来事により、ハッコンとラッミスははぐれてしまう。

ハッコンは巨大ワニとの戦闘では自動販売機というのを活かしている。

ハンターたちには食料問題を解決するのみならず、戦闘面でもフォローができるところはフォローをするから、大事にされているのがわかる。

今後のハッコンたちはどんな出来事が待ち受けているのかが楽しみです。

さいごに

今回の記事は「自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う」シリーズの2巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う」シリーズの2巻の感想

についてでした。

コメント