「新妹魔王の契約者Ⅳ(角川スニーカー文庫) / 上栖 綴人」の感想

interest

無月黒羽です。

今回の記事は「新妹魔王の契約者」シリーズの4巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「新妹魔王の契約者」シリーズの4巻のあらすじ
  • 「新妹魔王の契約者」シリーズの4巻の感想
  • 「新妹魔王の契約者」シリーズの4巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「新妹魔王の契約者」シリーズの4巻のあらすじ

限界突破の最強ディザイア・アクション!!
ゾルギアを退け、平和を取り戻した刃更たちは、学校の体育祭に向けて忙しい日々を送っていた。そんな中、刃更は長谷川との距離を縮めていく。しかし、刃更の前に「長谷川に気をつけろ」と忠告する人物が現れ!?

引用元:BOOK☆WALKERより

「新妹魔王の契約者」シリーズの4巻の感想

東城迅の強さが半端ない。

5年のブランクがあるはずなのに、現魔王のレオハルトより優っているのが凄い。

戦神と呼ばれるだけのことはある。

迅とレオハルトのバトルは、ワクワクドキドキするほど興奮します。

息子の刃更も家族を守るために戦っているが、迅も同じ志で戦う姿は親子なんだなと感じる。

澪と柚希は対抗意識があるけど、仲間意識も芽生えたのかと思うやり取りに、ほのぼのとする。

ゾルギアとの戦闘でより強くなっている2人は、戦闘のために連携とかもしっかりしているみたいで、今後の2人の連携する戦闘が楽しみ。

胡桃は万理亜の挑発に乗るところが面白い。

ただ、ツンデレなところや意地っ張りなところがある胡桃はかわいい。

万理亜はイタズラ好きだから、挑発に乗る痛い目に合うのに、ついつい胡桃の性格が災いして、面白いやり取りになって笑える。

今後の2人のやり取りも楽しみな1つとなる。

長谷川は色気があり、謎も多いから、惹きつけられる。

刃更とのやり取りでは、ハラハラドキドキさせる展開で、興奮するほどです。

今回もエロさがありバトルありで、ワクワクドキドキとハラハラドキドキをさせられました。

今後と展開ではどんなふうにストーリーが進むのかが楽しみで仕方がないです。

「新妹魔王の契約者」シリーズの4巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目、BOOK☆WALKERの読み放題

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「新妹魔王の契約者」シリーズの4巻のあらすじ
  • 「新妹魔王の契約者」シリーズの4巻の感想
  • 「新妹魔王の契約者」シリーズの4巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

関連記事

5巻の感想は、下記を参照ください。

>>「新妹魔王の契約者Ⅴ(角川スニーカー文庫) / 上栖 綴人」の感想

3巻の感想は、下記を参照ください。

>>「新妹魔王の契約者Ⅲ(角川スニーカー文庫) / 上栖 綴人」の感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました