「あの日、神様に願ったことはI kiss of the orange prince (電撃文庫) / 葉月 文」の感想

interest
スポンサーリンク

無月黒羽です。

今回の記事は「あの日、神様に願ったことは」シリーズ1巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「あの日、神様に願ったことは」シリーズ1巻のあらすじ
  • 「あの日、神様に願ったことは」シリーズ1巻の感想
  • 「あの日、神様に願ったことは」シリーズ1巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

スポンサーリンク

「あの日、神様に願ったことは」シリーズ1巻のあらすじ

これは、一年に一度、願いが叶う町を舞台に繰り広げられる青春ストーリー!
宿星市にだけ咲く、世界で一番美しい奇跡の花“ミラクーティア”。
その花には、一年に一度、白い神様に対価を捧げることでどんな願いでも叶えてもらえるという“星の幸魂”と呼ばれる言い伝えがある。
しかし、十七歳の誕生日に風祭叶羽が出会った先輩、逢見燈華に神様が課したものは、対価ではなく一つの試練だった。
あの日、彼女がどうしても叶えたいと神様に願ったことは。そして、試練を乗り越えた先で二人を待っていた、色鮮やかに咲き誇る奇跡とは――
一年に一度、願いが叶う町を舞台に繰り広げられる、彼と“彼女たち”の優しくて少し痛い青春ストーリー、開幕。

引用元:BOOK☆WALKERより

「あの日、神様に願ったことは」シリーズ1巻の感想

叶羽が燈華に出会い、一緒にヒカリを求めるうちに、お互いが惹かれあっていく。

やり取りが微笑ましい気持ちになる。

叶羽の膝を枕にして寝る燈華は、見える世界がモノクロで、安心する場所が叶羽の膝の上ってのが、ほのぼのとした雰囲気がある。

手を繋いでカメラを片手にヒカリを求めて、いろんな場所に行く2人が、友達以上恋人未満ってのがいい。

瑠璃と碧のコンビも可愛い。

特に碧が叶羽に対してツンな部分があるけど、瑠璃にからかわれて顔を赤くするところがグッとくる。

2人とも叶羽の後輩で、やり取りも親しげな雰囲気がほのぼのしている。

今後、瑠璃と碧とのやり取りも楽しみ。

それぞれのキャラ視点での描写があり、心情などがわかるから感動しました。

今後の展開も気になる場面があり、次の巻ではどんな風になるのかワクワクしてしまいます。

「あの日、神様に願ったことは」シリーズ1巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの文庫・ラノベ読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目は、BOOK☆WALKERの文庫・ラノベ読み放題

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/


2つ目は、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「あの日、神様に願ったことは」シリーズ1巻のあらすじ
  • 「あの日、神様に願ったことは」シリーズ1巻の感想
  • 「あの日、神様に願ったことは」シリーズ1巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました