当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「幼馴染だった妻と高二の夏にタイムリープした。17歳の妻がやっぱりかわいい。 (ファンタジア文庫)/kattern」シリーズ全巻のあらすじ・感想

この記事は約3分で読めます。

今回の記事は、「幼馴染だった妻と高二の夏にタイムリープした。17歳の妻がやっぱりかわいい。 (ファンタジア文庫)/kattern」シリーズ全巻のあらすじ・感想のブログです。

「幼馴染だった妻と高二の夏にタイムリープした。17歳の妻がやっぱりかわいい。 (ファンタジア文庫)/kattern」シリーズは1巻まで刊行されており、各巻のあらすじと感想を紹介しています。

「幼馴染だった妻と高二の夏にタイムリープした。17歳の妻がやっぱりかわいい。 (ファンタジア文庫)/kattern」のあらすじ・感想

「幼馴染だった妻と高二の夏にタイムリープした。17歳の妻がやっぱりかわいい。 (ファンタジア文庫)/kattern」のあらすじ

知らなかった17歳の君に、また恋をする。
 幼馴染と結婚し仕事は順調、貯金もそこそこ。平凡なリーマン鈴原篤は目が覚めると高校時代に戻っていた。妻といっしょに。

「見た目はJK、中身はあなたの人妻! 青春、やり直さない?」

 そう――自意識をこじらせた陰キャだったせいで妻の千帆とは高校時代、絶交状態だった篤。
 早速制服で平日の京都デートを満喫したり、一緒に登下校したり、バレー部のユニフォームを着た千帆と学校でイチャイチャしたり、あの時出来なかった恋人同士の時間を楽しむ二人。
 知らなかった、知り得なかった17歳の彼女の素顔が愛おしい。
 何度時が巡ろうと、あなたに恋をする。夫婦でやり直す共同タイムリープラブコメ、開幕!

引用元:BOOK☆WALKERより

「幼馴染だった妻と高二の夏にタイムリープした。17歳の妻がやっぱりかわいい。 (ファンタジア文庫)/kattern」の感想

鈴原篤は幼馴染で妻の千帆と夫婦として5年目を迎える。

2人のやりとりは仲睦まじく微笑ましい。

仕事も順調に進んでいた矢先に、篤と千帆は高校時代に戻ってしまう。

戻ってしまっても仲睦まじさは健在で、篤の母親に勘違いされるほどにやらかしていて面白い。

本来であれば夫婦だから仕方ないところではあるが、高校時代に戻ってしまったうえに付き合っていない頃だから、勘違いされても致し方ない。

タイムリープの謎を考えながらも、知りえなかったことを知るきっかけにもなる。

篤は千帆のことしか見えていない感じが、一途な思いを貫いている。

ただ、鈍感さもあったり、やらかしていたりするから面白い。

しかし、篤と千帆の仲がタイムリープでさらに深まった感じがして微笑ましい気持ちになる。

>>>目次に戻る

「幼馴染だった妻と高二の夏にタイムリープした。17歳の妻がやっぱりかわいい。 (ファンタジア文庫)/kattern」シリーズ全巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「読み放題 マンガコース」と「読み放題 MAXコース」の2つのサービスがあります。

「読み放題 MAXコース」では、月額1100円(税込)で、

  • マンガ単行本
  • マンガ雑誌
  • アニメ・声優誌など
  • ライトノベル
  • 新文芸
  • 文芸・小説

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額1100円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は、「幼馴染だった妻と高二の夏にタイムリープした。17歳の妻がやっぱりかわいい。 (ファンタジア文庫)/kattern」シリーズ全巻のあらすじ・感想のブログでした。