当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「ギルドのチートな受付嬢 3 (モンスター文庫) / 夏にコタツ」の感想

この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「ギルドのチートな受付嬢」シリーズの3巻の感想ブログです。

今回の記事の内容は

  • 「ギルドのチートな受付嬢」シリーズの3巻のあらすじ
  • 「ギルドのチートな受付嬢」シリーズの3巻の感想
  • 「ギルドのチートな受付嬢」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「ギルドのチートな受付嬢」シリーズの3巻のあらすじ

才色兼備な元オトコの受付嬢イリアは、今日もギルド連合リュネヴィル支部で忙しく働いていた。
魔物の襲撃という予期せぬ事態に見舞われた闘技場竣工祭から、早数日。
イリアは支部長であるフランクとともに、ラトヴェスター教の司祭・ベルナルトと教徒のソフィアの挨拶を受ける。
ソフィアとの懐かしい再会に喜ぶイリア。しかし、横に立つベルナルトは、なぜか邪神に憑りつかれていて――。
「小説家になろう」発、異世界お仕事ファンタジー待望の第三弾。

引用元:Amazonより

「ギルドのチートな受付嬢」シリーズの3巻の感想

イリアのことを慕っている人が多く、呼び方もそれぞれ違いがあって面白い。

ギルド連合リュネヴィル支部で忙しく働いてるなかで、いろんなギルド員に接して、時に助言をする心優しさがある。

しかも、チートの持ち主で、過去に黒歴史も多々あるけど、慕っている人たちとのやりとりは微笑ましい。

ハクが竜の姿から人の姿に転化して、言葉を使うようになり、ますます可愛らせさが増す。

転化で戸惑うハクが、イリアに助けを求めるところは微笑ましさがある。

ただ、その後にハクが言ったことが面白くて笑える。

イリアの転生後の過去が一部があったが、深くは語られておらず、気になるところ。

ギルド連合リュネヴィル支部での日々とともに、ハクの成長や今後の展開が楽しみです。

「ギルドのチートな受付嬢」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「ギルドのチートな受付嬢」シリーズの3巻のあらすじ
  • 「ギルドのチートな受付嬢」シリーズの3巻の感想
  • 「ギルドのチートな受付嬢」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

についてでした。