「青春ブタ野郎はハツコイ少女の夢を見ない(電撃文庫) / 鴨志田一」の感想

interest




無月黒羽です。

今回の記事は「青春ブタ野郎」シリーズ7巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「青春ブタ野郎」シリーズ7巻のあらすじ
  • 「青春ブタ野郎」シリーズ7巻の感想
  • 「青春ブタ野郎」シリーズ7巻が読めるサブスク紹介

について書いています。


「青春ブタ野郎」シリーズ7巻のあらすじ

翔子のついた優しい嘘。麻衣が願った真剣な思い。咲太が選んだ答えとは――!?
「わたしはね咲太君。大好きな人には幸せになってほしいんです」初恋の人、翔子から教わった優しさ。「ふたりで幸せになるわよ」今を支えてくれる、恋人の麻衣から学んだ勇気。高校二年生の冬、今と過去を支えてくれた大切な人たちが幸せになれる未来を求め、咲太は歩み始める――。新たなる未来へ踏み出すシリーズ第7弾!

引用元:BOOK☆WALKERより

「青春ブタ野郎」シリーズ7巻の感想

前巻からの続きで、悲しい結果となったのが、切なすぎる。

これは麻衣の選択したことによるもので、咲太に生きていてほしいから。

事実を知っている麻衣にとって、好きで好きでたまらない咲太を失うのが怖かったのではないかと思った。

朋絵はよくからかわれているのに、観測し見つけ出すという活躍をする。

咲太の格好がおかしいのだけれど、さすがは尻を蹴り合った仲だなと思う。

理央はとうすればいいのかを真剣に考え、咲太と一緒に居たいという思いを叶えようとしているのは、以前に思春期症候群で咲太に助けられ、本当の友達になったからの頑張りに胸が熱くなる。

すべてを手に入れることが、どれだけ難しいのかを痛感させられた。

それぞれの願いが叶うならばいいのにと思ってしまう。

ちょっとした選択によって壊れてしまうんだなと感じた。

やはり、当たり前のようにある普通の日常が幸せなことなんだと思った。

「青春ブタ野郎」シリーズ7巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの文庫・ラノベ読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目は、BOOK☆WALKERの文庫・ラノベ読み放題

2022年1月31日の23:59までの期間限定です。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目は、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「青春ブタ野郎」シリーズ7巻のあらすじ
  • 「青春ブタ野郎」シリーズ7巻の感想
  • 「青春ブタ野郎」シリーズ7巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

関連>>>「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない (電撃文庫) / 鴨志田一」の感想

コメント