「聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> 8 (GA文庫) / あわむら 赤光」の感想

interest

今回の記事は「聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク>」シリーズの8巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は

  • 「聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク>」シリーズの8巻のあらすじ
  • 「聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク>」シリーズの8巻の感想
  • 「聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク>」シリーズの8巻が読める電子書籍のサブスク紹介

について書いている記事です。

あらすじ

超最強ヒロインズカーニバル、堂々開幕!「まーやが一日校長なのです!」うらやましすぎる諸葉のスキャンダルに直撃!?
待ちに待った学園祭!だが――「まーやが一日校長なのです!」マヤの職権濫用で、諸葉は恋の噂の真相を直撃取材されることに!そして明かされる、初々しくもうらやましすぎる諸葉の女性遍歴!!兄の威厳を賭けたサツキとの添い寝合戦!冷静すぎる静乃が初めて取り乱した、触れてはいけないあの場所とは?さらにモモ先輩との秘密特訓や、レーシャといく亜鐘学園部活動見学ツアー!?そしてマヤと諸葉の密着24時間はベッドもお風呂もいっしょなのです!?(にぱっ)束の間の平和を謳歌する、戦士たちの大騒ぎ!その上まさかのAJ乱入でますます白熱する超最強のヒロインズカーニバル満開な第8弾!!

引用元:BOOK☆WALKERより

感想

マヤが職権濫用で諸葉を独占する。戦いの日々が続いて、一緒に居られる時間がなかったから、微笑ましい時間になっている。

取材っぽい感じでマヤは諸葉に、サツキや静乃やレーシャや春鹿たちのことを聞く。

学園祭とマヤを中心としたストーリー展開のなかに、振り返り部分が短編になっている。

それぞれの短編が面白く、本編では語られていない部分かあり、楽しめます。

サツキのパートでは前世では兄妹だったけど、今はなんだか恋人っぽい感じが微笑ましくもある。

静乃のパートではある部分を触れたことで、取り乱し諸葉は大変なことになるけど、可愛い過ぎる静乃が見られてニヤついてしまう。

他にもありますが、どれも微笑ましい日常が描いていて、戦闘シーンでは感じられない面白さがあります。

次の巻では、本編に戻るようなので、どんなストーリーの展開になるが期待してしまう

さいごに

今回の記事の「聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク>」シリーズの8巻はBOOK☆WALKERの読み放題で読めます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

BOOK☆WALKERの読み放題では、

  • 「文庫・ライトノベル読み放題」
  • 「マンガ・雑誌読み放題」

の2つのサービスがあります。

「マンガ・雑誌読み放題」では、月額840円(税込)で、28000作品以上が読める。

  • マンガ・・・26000作品以上
  • 雑誌・・・2000作品以上

男性向け、女性向けのマンガがあり、雑誌ではファミ通やアニメ雑誌などもあります。

\月額836円(税込)で28000作品以上が読める!/
無月黒羽
無月黒羽

最後まで読んでいただきありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました