「かまわれたがりの春霞さん 隣の席のあの子は俺の嘘が好き (MF文庫J) / 鶏卵うどん」の感想

interest




無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「かまわれたがりの春霞さん」シリーズの1巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 「かまわれたがりの春霞さん」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「かまわれたがりの春霞さん」シリーズの1巻の感想
  • 「かまわれたがりの春霞さん」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

について書いています。


「かまわれたがりの春霞さん」シリーズの1巻のあらすじ

かまいすぎ注意!
片想い中の陸上美少女・大空真森を恋人にする為、嘘つき妖精デビと契約した誠斗は「嘘をついてUP(ウソポイント)を貯め、貯めたUPを消費して願いを叶える」というUPキャンペーンに参加する。だが、大空を恋人にするのに必要なUPはなんと100万! 大量のUPが必要な誠斗が目をつけたのは隣の席の小動物系女子・春霞陽だった。誠斗の嘘をなんでも信じる春霞に嘘をつき続ければ大量UPゲット間違いなしだけど、どうも彼女は誠斗を好きらしい。自分の恋を成就させるために自分を好きな女子に嘘をつくって、いくらラブコメでも倫理的にどうなの!? コンプラ的にも大丈夫!? はたして誠斗の青春の行方は?

引用元:BOOK☆WALKERより

「かまわれたがりの春霞さん」シリーズの1巻の感想

誠斗はある時にデビと出会い、「嘘をついてUP(ウソポイント)を貯め、貯めたUPを消費して願いを叶える」というUPキャンペーンに参加するために、契約をすることになる。

大空真森のことが好きで、春霞陽に嘘をついてポイントを稼ごうとするから、グズっぽさはあるものの、デビとのやりとりは面白い。

春霞陽が誠斗の嘘にいちいち反応を示し、リアクションをとるのがかわいい。

小動物っぽさがある。

少しずつ成長しようとする姿は健気さを感じる。

最初の印象とは違った魅力があるが、基本的なところは変わっていない気がして、誠斗のことが好きなんだと思うと愛おしさがある。

2人の関係性も今後どんなものになっていくのか楽しみではあるが、大空真森や生徒会長との関係も気になるところです。

「かまわれたがりの春霞さん」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は「かまわれたがりの春霞さん」シリーズの1巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「かまわれたがりの春霞さん」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「かまわれたがりの春霞さん」シリーズの1巻の感想
  • 「かまわれたがりの春霞さん」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント