「盾の勇者の成り上がり3(MFブックス) /アネコユサギ」の感想

interests
interests
スポンサーリンク

今回の記事は「盾の勇者の成り上がり」シリーズの3巻の感想ブログです。

「盾の勇者の成り上がり」シリーズは、アニメ化もされ、2019年1月に第1期が放送されました。

第2期と第3期は制作されることが決定しており、第2期は2022年4月からの放送する予定になっています。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事では
  • 「盾の勇者の成り上がり」シリーズの3巻のあらすじ
  • 「盾の勇者の成り上がり」シリーズの3巻の感想
  • 「盾の勇者の成り上がり」シリーズの3巻が読める電子書籍のサブスク紹介

について書いている記事です。

「盾の勇者の成り上がり」シリーズの2巻の感想については、こちらの記事で書いています。

\月額840円(税込)で15000作品以上が読める!/

あらすじ

どんな困難も乗り越える不屈の成り上がりファンタジー第三弾!
ドラゴンゾンビの始末を終えた尚文、ラフタリア、フィーロの一行は、クラスアップのため『龍刻の砂時計』へと向かうことに。だがそこで、尚文はまたもや蔑(さげす)みの言葉を浴びせられることになる。「盾の勇者のクラスアップは不可能」という、王直々の指令が下っていたのだ。「なんで俺だけ……!?」不屈の意志で別の国へと向かう尚文だったが、折も折、そこで『第三の波』が起こってしまう。さらには第二王女と呼ばれる少女がついてきてしまい、「誘拐犯」の指名手配までされる始末。国から追われる身となった尚文の運命は如何に……!? 邪魔するものは排除する!どんな障害も己の力で乗り越えていく、不屈の成り上がりファンタジー第三弾!

引用元:BOOK☆WALKERより

感想

尚文たちは、王位継承一位の第二王女・メルティに出会う。

フィロリアル好きで、フィーロと友達になる。が、フィロリアルたちを見たフィーロは食い意地をはるところが面白い。

フィーロの無邪気さや食い意地なところは可愛く感じます。

メルティはメルティで、フィロリアルに夢中になりすぎて、護衛の人とはぐれるところは、ドジっ子だなと思う。

ませた感じのメルティが、尚文たちと共にするにつれて、年相応のメルティになって、可愛さがでる。

第三の災厄で登場するグラスの強さが、剣の勇者や弓の勇者や槍の勇者では、歯が立たない。

尚文も歯が立たないが、退けるぐらいのことを成し遂げる。

尚文一行以外はクラスアップしているはずなんだけど、リアルを認識している者と認識していない者の差なのかなと考えられる。

連携する気もなくゲーム感覚で、自分だけでクリアできると思っている部分があるから。

さいごに

今回の記事の「盾の勇者の成り上がり」シリーズの1〜15巻は、2021年9月末までBOOK☆WALKERの読み放題で読めます。

無月黒羽
無月黒羽

期間が短いので、注意してください

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

BOOK☆WALKERの読み放題では、

  • 「文庫・ライトノベル読み放題」
  • 「マンガ・雑誌読み放題」

の2つのサービスがあります。

「マンガ・雑誌読み放題」では、月額840円(税込)で、28000作品以上が読める。

  • マンガ・・・26000作品以上
  • 雑誌・・・2000作品以上

男性向け、女性向けのマンガがあり、雑誌ではファミ通やアニメ雑誌などもあります。

\月額836円(税込)で28000作品以上が読める!/
※Apple決済、Google play決済は月額840円(税込)になります。

無月黒羽
無月黒羽

最後まで読んでいただきありがとうございました

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました