当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する(4) (モンスター文庫) / すずの木くろ」の感想

この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する」シリーズの4巻の感想ブログです。

✔️記事の内容

  • 「宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する」シリーズの4巻のあらすじ
  • 「宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する」シリーズの4巻の感想
  • 「宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する」シリーズの4巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する」シリーズの4巻のあらすじ

ある日、一良は領主ナルソンの娘であるリーゼより「親愛のブレスレット」を渡される。
そのブレスレットは、アルカディアにおいて告白の際に用いられる特別なものだった。
しかし、一良はそんな意味があるとは露知らず、そのブレスレットをバレッタに見せてしまい――。
「小説家になろう」発、異世界救世ファンタジー、待望の第四弾。
書き下ろし番外編の「果たされるべき誓い」では、バルベールに生まれ故郷を襲われた直後、ジルコニアの隠された過去が描かれる。

引用元:Amazonより

「宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する」シリーズの4巻の感想

一良はイステリアで領地復興に奮闘する中で、一度グリセア村に戻ることに。

行ったり来たりを繰り返しながら、物資調達はほとんど日本なので、かなり忙しい日々。

帰る前に領主ナルソンの娘であるリーゼから、「親愛のブレスレット」を渡される。

リーゼは優秀さがあって、一良の役に立とうとする姿は健気さがある。

ただ、ちょっとした思惑が見え隠れしていて、今後どんなふうになるのかが気になる。

バレッタもリーゼと同じく、一良の役に立とうとしている。

完璧主義なところがあって、いろんなところで頑張ろうするから可愛らしさがある。

しかも、一良を慕い好意を抱いているのに、本音を伝えようとするとヘタれるところは、応援したい気持ちにさせる。

番外編ではジルコニアの過去が語られていたが、ナルソンが素晴らしい人だと感じられて、今の関係になったのかと思うと、微笑ましい気持ちになる。

一良のイステリアの領地復興やリーゼやバレッタの関係が、今後どんなふうになっていくのかが楽しみ。

さらに、きな臭い動きもあったりするので、これからの展開が気になります。

「宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する」シリーズの4巻が読めるサブスク紹介

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事は「宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する」シリーズの4巻の感想ブログです。

✔️記事の内容

  • 「宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する」シリーズの4巻のあらすじ
  • 「宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する」シリーズの4巻の感想
  • 「宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する」シリーズの4巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント