「佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I’ll have Sherbet! 2 (ファミ通文庫) / 九曜」の感想

interest




無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は佐伯さんと、ひとつ屋根の下」シリーズの2巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 佐伯さんと、ひとつ屋根の下」シリーズの2巻のあらすじ
  • 佐伯さんと、ひとつ屋根の下」シリーズの2巻の感想
  • 佐伯さんと、ひとつ屋根の下シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

について書いています。


佐伯さんと、ひとつ屋根の下シリーズの2巻のあらすじ

ちょっとHな女の子と送る同棲&学園ラブコメディ、待望の第二幕。
ゴールデンウィークも明け、僕こと弓月恭嗣と、ひとつ年下の佐伯さんとの同居生活は幸運なことに(一部を除いて)誰にも知られることなく続いていた。学校でも容赦なく距離を詰めてくる佐伯さんと、僕の動向に目を光らせる雀さんへの対応に追われる日々だったが、ここにきて何故か宝龍さんが佐伯さんを挑発しはじめて――。常に冷静な弓月くんと、とびきりの美少女なのにちょっとHな佐伯さんが繰り広げる同棲&学園ラブ・コメディ、第二幕です。

引用元:BOOK☆WALKERより

佐伯さんと、ひとつ屋根の下」シリーズの2巻の感想

朝から佐伯さんは元気で、弓月を起こしにいくのが微笑ましい。

グイグイと佐伯さんは弓月に距離を縮めようと、健気さはあるが、過激な発言をするから面白い。

家庭的な面もあるのも、可愛らしさを感じる。

学校では先輩と後輩の関係ではあるけど、家と同じように距離を縮めようとするから面白い。

クラスメイトの雀さんや宝龍さんなどのやりとりも面白い。

雀さんは弓月のことを誤解していたのが解決したら、素直さが全面に押し出されていて可愛らしさを感じる。

しかも、ノリツッコミっぽいやりとりになるところは面白い。

宝龍さんはミステリアスさがあって、謎めいていて魅力的で、やりとりも不思議な感じだけど面白い。

佐伯さんと日々の生活の中で、少しずつ関係が変わってきたから、今後はどんな展開になっていくのか楽しみです。

佐伯さんと、ひとつ屋根の下シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は佐伯さんと、ひとつ屋根の下」シリーズの2巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「佐伯さんと、ひとつ屋根の下」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「佐伯さんと、ひとつ屋根の下」シリーズの2巻の感想
  • 「佐伯さんと、ひとつ屋根の下」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント