当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 11(MF文庫J) / 鈴木大輔」の感想

この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」シリーズの11巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」シリーズの11巻のあらすじ
  • 「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」シリーズの11巻の感想
  • 「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」シリーズの11巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」シリーズの11巻のあらすじ

さらなる波乱が巻き起こるブラコン妹ラブコメ第11弾!
人生初の『朝帰り』によるドタバタはもう語り尽くす事が出来ないのだけれど、それはまたしても本を読んでもらうしかないとして、ついにリリアナ祭がスタートした。僕のミッションは銀兵衛主催イベントの手伝い、那須原さんが企画した『アナとあっきー夫婦漫才ショー』の出演、そして秋子が運営する『新藤光一郎サイン会』の対処だ。他にも随時、実行委員のヘルプや生徒会メンバーとしての役割もあることだろう。さらにもっとも厄介なミッションが、僕が関わりたくない人間ナンバーワンである鷹ノ宮御幸さんをおもてなしすることだった。さらなる波乱が巻き起こるブラコン妹ラブコメ第11弾!

引用元:BOOK☆WALKERより

「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」シリーズの11巻の感想

リリアナ祭が始まり、秋人は生徒会と文化祭実行委員の掛け持ちでお忙しい。

そんな中で、秋人が関わりたくない鷹ノ宮御幸が登場する。

ありさにとって御幸は姉みたいな存在で、姉妹のやりとりのようで微笑ましい。

御幸にからかわれるありさの反応は可愛くてほのぼのする。

生徒会のリリアナ祭での催しが3つもあり、そのすべてに秋人が関わっていて、いいタイミングで御幸があらわれる。

場を引っ掻き回されているような感じではあるけど、やりとりは面白くて笑える。

1日目なのにバタバタと忙しくする秋人だが、秋子たちの秋人争奪戦は加熱化し、さらには十乗寺君佳によって混迷を深めっているから、今後どんな展開になるのかが楽しみです。

あと今後の鷹ノ宮家と有栖川家、姫小路家の関係も気になる。

「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」シリーズの11巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「読み放題 マンガコース」と「読み放題 MAXコース」の2つのサービスがあります。

「読み放題 MAXコース」では、月額1100円(税込)で、

  • マンガ単行本
  • マンガ雑誌
  • アニメ・声優誌など
  • ライトノベル
  • 新文芸
  • 文芸・小説

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額1100円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」シリーズの11巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」シリーズの11巻のあらすじ
  • 「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」シリーズの11巻の感想
  • 「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」シリーズの11巻が読めるサブスク紹介

についてでした。