「(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~離婚できたら一攫千金!~ (ビーズログ文庫) / 夕鷺かのう」の感想

interest

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「賢者の孫」シリーズの1巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 「(仮)花嫁のやんごとなき事情」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「(仮)花嫁のやんごとなき事情」シリーズの1巻の感想
  • 「(仮)花嫁のやんごとなき事情」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「(仮)花嫁のやんごとなき事情」シリーズの1巻のあらすじ

こんな男、絶対離婚してやる!! 鬼畜な策略皇子vsド庶民娘のうっかり婚ラブコメ。スタート!
病弱な王女の身代わりとして、鬼畜な策略家と噂の敵国エルラントの皇子『毒龍公クロウ』こと、クロヴィス・クレヴァッハ・エルラントに嫁ぐことになったフェルディア。彼女に与えられた使命は、クロウとの”円満”離婚! ……のはずが、いきなり新婚初夜に襲われたあげ句、軟禁されるってどういうこと!? 怒り心頭のフェルは、下町育ちゆえの特技を活かしてクロウを探るが……!? こんな男、絶対離婚してやる! --フェルのニセ新婚生活、スタート!!

引用元:BOOK☆WALKERより

「(仮)花嫁のやんごとなき事情」シリーズの1巻の感想

フェルディアは孤児院で育ち、週に29個のバイトを掛け持ちをする女性で、守銭奴なところが面白い。

しかも、病弱な王女の身代わりまでもしている。

ただ、容姿が似ているからという理由でもある。

ユナリアの王様のセタンタに頼まれて、クロヴィス・クレヴァッハ・エルラントに嫁ぐ。

フェルは快く引き受けたのも、一攫千金を狙ってのことだから面白い。

クロウは敵国エルラントの皇子『毒龍公クロウ』と呼ばれ、鬼畜な策略家でもある。

フェルとの出会いは、最悪なものではあるが、少しずつだけど優しい一面も見え隠れする。

フェルは身代わりの王女役と召使の二重生活をするが、今までが体を動かすことをやっていたから、暇を持て余した結果で、今後どんなふうになっていくのかが楽しみです。

「(仮)花嫁のやんごとなき事情」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は「(仮)花嫁のやんごとなき事情」シリーズの1巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「(仮)花嫁のやんごとなき事情」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「(仮)花嫁のやんごとなき事情」シリーズの1巻の感想
  • 「(仮)花嫁のやんごとなき事情」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント