当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「スキル? ねぇよそんなもん! ~不遇者たちの才能開花~(2) (BKブックス)/silve」の感想

この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「スキル? ねぇよそんなもん! ~不遇者たちの才能開花~」シリーズの2巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 「スキル? ねぇよそんなもん! ~不遇者たちの才能開花~」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「スキル? ねぇよそんなもん! ~不遇者たちの才能開花~」シリーズの2巻の感想
  • 「スキル? ねぇよそんなもん! ~不遇者たちの才能開花~」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「スキル? ねぇよそんなもん! ~不遇者たちの才能開花~」シリーズの2巻のあらすじ

スキルもチートもないハードモードの異世界に転移した梶川光流は、命の恩人アルマティナと正式にパーティを組み冒険者として日々を過ごしていた。
赤ん坊より低いステータス値で、新たにスキルを取得することもできないヒカルだったが、代わりに身につけたのは常識外れの能力。
しかしその噂を聞きつけた悪徳貴族に狙われてしまい、身の安全を守るために別の街へ避難することに。 そこで知り合ったロリエルフのギルドマスターや、仲間に見捨てられた孤児の少女も巻き込み、ヒカルとアルマの圧倒的成長が加速していく――!!

引用元:BOOK☆WALKERより

「スキル? ねぇよそんなもん! ~不遇者たちの才能開花~」シリーズの2巻の感想

ヒカルはアルマと正式にパーティーになり、金策やレベリングなどをこなす。

日々を過ごすうちに仲の良さが増していき、やりとりが微笑ましい。

ただ、悪徳貴族と関わったことで、トラブルになってしまい、別の街に避難することになる。

別の街の冒険者ギルドのギルドマスターや、仲間から見捨てられたレイナミウレと出会う。

レイナはヒカルたちのパーティーに入ることで、成人前にある職になることを目標に特訓をする。

ヒカルのぶっ飛んだ発想のやり方にレイナは驚く。

過酷さはあるが日々特訓をするうちに、3人の関係が深まっていく。

ヒカルたちの戦闘シーンは迫力があり、スキルが取得できないハンデをものともしないからワクワクする。

ただ、戦闘中にも関わらず、ある出来事で変な展開になるから面白い。

3人になったことでどんどん賑やかさが増して、やりとりは微笑ましく、今後どんなことをやるのかが楽しみです。

「スキル? ねぇよそんなもん! ~不遇者たちの才能開花~」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事は「スキル? ねぇよそんなもん! ~不遇者たちの才能開花~」シリーズの2巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「スキル? ねぇよそんなもん! ~不遇者たちの才能開花~」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「スキル? ねぇよそんなもん! ~不遇者たちの才能開花~」シリーズの2巻の感想
  • 「スキル? ねぇよそんなもん! ~不遇者たちの才能開花~」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント