「青春ブタ野郎はナイチンゲールの夢を見ない (電撃文庫) / 鴨志田 一」の感想

interest

無月黒羽です。

今回の記事は「青春ブタ野郎」シリーズ11巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「青春ブタ野郎」シリーズ11巻のあらすじ
  • 「青春ブタ野郎」シリーズ11巻の感想
  • 「青春ブタ野郎」シリーズ11巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「青春ブタ野郎」シリーズ11巻のあらすじ

ちょっと不思議な青春物語――再会した彼女は“正義の味方”?な第11弾!
 突如咲太の目の前に現れた、霧島透子を名乗るミニスカサンタ。彼女が「思春期症候群をプレゼントした」という学生たちのなかには、咲太の中学時代のクラスメイト・赤城郁実がいて――。
 書き込んだ夢が正夢になる、と学生たちのSNSで話題の都市伝説『#夢見る』。郁実がそれを利用し、「正義の味方」として人助けしている姿を目撃した咲太は、彼女の身体がポルターガイストのような現象に襲われていることを知る。しかもその原因は過去の咲太にあるらしく……!?
「ねえ、梓川君。ひとつ勝負をしない?」
 鍵をかけていた過去の扉をあける、シリーズ第11弾。

引用元:BOOK☆WALKERより

「青春ブタ野郎」シリーズ11巻の感想

咲太は高校時代の友人の理央、佑真と遊ぶ場面は仲の良さを感じられて微笑ましい。

佑真との会話は咲太の冗談に付き合い、絶妙なテンポで面白い。

意味深な言葉を残す佑真は咲太に意地悪をするけど、電話1本で駆けつけてくれる漢気がある。

理央は咲太に対して素っ気ない感じ会話のやり取りだが、友人として強い信頼があるのを感じる。

かわいさが大学生になったことで増している。

咲太とは違う大学だけど、友達もできているようで、いい感じに成長している。

咲太と理央のバイト先での生徒とのやり取りは、先生と生徒って関係ではない感じの砕けた雰囲気がいい。

紗良とおデコをぶつけるところは笑える。

会話も和むやり取りでほのぼのとする。

拓海や美織のやり取りも絶妙で面白い。

美織は咲太に似た感じがあり、やり取りが仲睦まじい。

拓海の意地悪に普通に対応する咲太は面白くて笑える。

それぞれが個性が魅力的だから、楽しい気持ちになる。

麻衣の運転する車でドライブは、咲太にとって幸せな日常なんだろうなと、考えると微笑ましい。

しっかりと咲太のことを理解し信頼している麻衣が、咲太の冗談や軽口をあしらうところはニヤニヤしてしまう。

時々、垣間見るかわいい反応をする麻衣に癒される。

まだまだ、謎が残ることばかりだけど、毎回毎回なにかを考えさせられる。

次回も気になるような感じで終わり、今後どんな展開になり、なにかを考えさせられるのかが、楽しみで仕方がない。

「青春ブタ野郎」シリーズ11巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの文庫・ラノベ読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目は、BOOK☆WALKERの文庫・ラノベ読み放題

2022年1月31日の23:59までの期間限定です。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目は、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「青春ブタ野郎」シリーズ11巻のあらすじ
  • 「青春ブタ野郎」シリーズ11巻の感想
  • 「青春ブタ野郎」シリーズ11巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

関連>>>「青春ブタ野郎は迷えるシンガーの夢を見ない (電撃文庫) / 鴨志田 一 」の感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました