「異世界はスマートフォンとともに。10(HJ NOVELS) / 冬原パトラ」の感想

interest

無月黒羽です。

今回の記事は「異世界はスマートフォンとともに。」シリーズの10巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「異世界はスマートフォンとともに。」シリーズの10巻のあらすじ
  • 「異世界はスマートフォンとともに。」シリーズの10巻の感想
  • 「異世界はスマートフォンとともに。」シリーズの10巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「異世界はスマートフォンとともに。」シリーズの10巻のあらすじ

春を迎えたブリュンヒルド公国。各国の王たちが集まる花見の最中に桜の記憶がついに蘇る。それは魔王が治める魔王国ゼノアスでの波乱の幕開けだった。そして、ついに最後のバビロンの遺跡を発見した冬夜は、そこである意味起こしてはいけないあの人を復活させることに――大人気異世界ほのぼのファンタジー第10巻!

引用元:BOOK☆WALKERより

「異世界はスマートフォンとともに。」シリーズの10巻の感想

桜の記憶が戻り、魔王国に行くことになるが、9人目の嫁さん候補も誕生する。

嫁さん候補が揃ったけど、冬夜に意見をする権利がないのが面白すぎる。

嫁さん候補たちはみんなかわいさがあるが、団結力もあるから、微笑ましい気持ちになる。

冬夜の人柄でもあるが、嫁さん候補たちの人柄もある。

魔王国の王もクセが強い。

親バカすぎて、桜に酷い言われようは、面白いが切ない気持ちになる。

王同士で嫌がらせをするところは面白すぎて笑える。

他国に干渉しない主義だけど、他国の王たちとのやり取りは、どんなふうになるのかが気になる。

バビロンも全部揃い、ある人物が復活する。

「錬金塔」の管理者であるティカは真面目そうな感じだったのに、クセがあるキャラだった。

ジェシカとティカが揃うとカオスな空間になるのが面白すぎて笑える。

桜が召喚したダルタニャンがかわいいのだが、ニャンタローって呼ばれるのはかわいそすぎる。

しかも、召喚した桜すらもニャンタロー呼びになっているから余計に。

役に立つところを見せるダルタニャンはめげないところは健気さを感じてかわいい。

「異世界はスマートフォンとともに。」シリーズの10巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERの読み放題で2021年1月31日の23:59まで読むことができます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「異世界はスマートフォンとともに。」シリーズの10巻のあらすじ
  • 「異世界はスマートフォンとともに。」シリーズの10巻の感想
  • 「異世界はスマートフォンとともに。」シリーズの10巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

関連>>>「異世界はスマートフォンとともに。9(HJ NOVELS) / 冬原パトラ」の感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました