当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「ティアムーン帝国物語10 ~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~/餅月望」の感想

この記事は約4分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「ティアムーン帝国物語」シリーズの10巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 「ティアムーン帝国物語」シリーズの10巻のあらすじ
  • 「ティアムーン帝国物語」シリーズの10巻の感想
  • 「ティアムーン帝国物語」シリーズの10巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「ティアムーン帝国物語」シリーズの10巻のあらすじ

★電子書籍限定書き下ろしSS付き★
2023年10月よりMBS、TOKYO MX、BS11にてTVアニメ放送開始!
シリーズ累計120万部突破!(紙+電子)
民族紛争より「おかわり」ですわ!
元(?)ポンコツの大人気歴史改変ファンタジー第10巻!
書き下ろし番外編&ミーアの日記帳&描き下ろし四コマ等、豪華収録!


【あらすじ】

サンクランド王国を出た元わがまま姫ミーアは、颯爽と馬に飛び乗った。“乗馬の達人”として、聖女ラフィーナに手解きをするためだ。調子良く遠乗りに出るも、盗賊団に遭遇! 何とか撃退した盗賊の頭は、騎馬王国の失われた第十三番目の部族――火族の末裔で、慧馬(えま)と名乗る少女だった。はるか昔に国を追われたという彼女の一族は、不作によって全滅寸前だという。馬術部の先輩・馬龍の頼みと極上のバターにつられて、敵対する十二部族との仲介役を、つい買って出てしまい……? 「民族紛争より、“おかわり”ですわ!」 自己流の外交戦術を携えて、いざ緊迫した族長会議へ! 天馬の姫(?)が勢いで大陸の悪芽を摘み取ってゆく、大人気歴史改変ファンタジー第10巻!

引用元:BOOK☆WALKERより

「ティアムーン帝国物語」シリーズの10巻の感想

騎馬王国へと向かうことになったミーアたち。

ただ、ミーアの目的がバターというのがおかしくて面白い。

しかし、道中ではラフィーナと乗馬を楽しむところは微笑ましい。

ラフィーナは友達がいなくて、ミーアがはじめての友達で戸惑う姿は年相応で可愛らしい。

盗賊団と遭遇し、馬龍と再会する。

ちょくちょく登場する馬龍は、ミーアにとっては馬術部の先輩であり、やりとりが先輩と後輩の関係がいい。

盗賊団を率いていた火慧馬は、ミーアに似てどこかポンコツっぽさがある。

2人がすんなりと仲良くなるのを、ポンコツっぽさによるもののような気がする。

それにより、ラフィーナが嫉妬心が芽生えて、今後どんなやりとりを繰り広げかが楽しみです。

ミーアは食に関しては本当に貪欲で、よく食べているから、時に食べすぎるとアンヌに怒られるところが微笑ましい。

周りはミーアのことを勘違いをして、やりとりがすれ違いを起きているのに、変に噛み合っていて笑える。

しかも、勘違いからくる虚像が出来上がっていて、これからどんな展開を繰り広げていくのかが気になる。

「ティアムーン帝国物語」シリーズの10巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目は、BOOK☆WALKERの読み放題

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「読み放題 マンガコース」と「読み放題 MAXコース」の2つのサービスがあります。

「読み放題 MAXコース」では、月額1100円(税込)で、

  • マンガ単行本
  • マンガ雑誌
  • アニメ・声優誌など
  • ライトノベル
  • 新文芸
  • 文芸・小説

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額1100円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目は、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事は「ティアムーン帝国物語」シリーズの10巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「ティアムーン帝国物語」シリーズの10巻のあらすじ
  • 「ティアムーン帝国物語」シリーズの10巻の感想
  • 「ティアムーン帝国物語」シリーズの10巻が読めるサブスク紹介

についてでした。