当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「咎人の刻印 (小学館文庫キャラブン!) / 蒼月海里」の感想

interest
この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「咎人の刻印」シリーズの1巻の感想ブログです。

✔️記事の内容

  • 「咎人の刻印」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「咎人の刻印」シリーズの1巻の感想
  • 「咎人の刻印」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「咎人の刻印」シリーズの1巻のあらすじ

《吸血鬼×殺人鬼》のダークファンタジー!

「令和の切り裂きジャック」と畏れられる殺人鬼・神無が、自分に愛を告げる女を手にかける理由は――相手の体を裂いてまで探しているものは、たったひとつだ。
「人は、誰かに対して『愛してる』って言うだろ。でも、その愛って何処にあるんだろうと思って」
探しものを見つけることができない青年の前に現れたのは、陶器人形のような美しい少年・御影。
「それが欲しいなら、おいで。愛してあげる」
神無が招かれたのは、都心にあってそこだけ異空間のような古びた洋館だった。ここで一緒に暮らすのだと、御影は平然と神無に告げる。そのあまりに強引な展開に戸惑う暇もなく、すぐに神無は身をもって御影の正体を知ることになる。御影は、ひとの生き血を吸う吸血鬼だったのだ。
これは、罪を犯して人の道を外れ、罰の証の如くスティグマと呼ばれる刻印を身に宿した、異能の者達の、血塗られた戦いの物語。……究極のダークファンタジー、始動!

引用元:Amazonより

「咎人の刻印」シリーズの1巻の感想

愛とは何かを模索する現代の切り裂きジャック・神無と愛を注いでくれる吸血鬼・御影。

罪を犯し、人の道を外れた刻印を宿す咎人。

そんな2人が出会い、自分たちと同じ咎人たちと戦い、絆を深めていく。

2人のやりとりは、仲の良い友人のようでもあり、家族のようでもある。

しかも、愛を知りたい神無に、愛を教える御影のコンビだから、微笑ましさが感じられる。

二足歩行の黒猫の執事・ヤマトは姿が猫だからかわいくて癒される。

神無と御影とのやりとりはほのぼのする。

他の咎人との戦闘は、あっさり目ではあるが読み応えがあり、ハラハラドキドキする展開。

それぞれ違った異能があるから、まだまだ謎があり、今後どんな咎人と戦闘を繰り広げ、神無と御影の絆がどんどん深まるか楽しみです。

「咎人の刻印」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事は「咎人の刻印」シリーズの1巻の感想ブログです。

✔️記事の内容

  • 「咎人の刻印」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「咎人の刻印」シリーズの1巻の感想
  • 「咎人の刻印」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント