「魔女の旅々 (GAノベル) / 白石定規」の感想

interest




無月黒羽です。

今回の記事は「魔女の旅々」シリーズの1巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「魔女の旅々」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「魔女の旅々」シリーズの1巻の感想
  • 「魔女の旅々」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

について書いています。


「魔女の旅々」シリーズの1巻のあらすじ

新たに生まれ変わった、旅と別れの物語
あるところに旅の魔女がいました。彼女の名はイレイナ。
旅人として、色々な国や人と出逢いながら、長い長い旅を続けています。
魔法使いしか受け入れない国、筋肉が大好きな巨漢、死の淵で恋人の帰りを待つ青年、滅んでしまった国に独り取り残された王女、そして魔女自身のこれまでとこれからのこと。
わけのわからない可笑しな人や、誰かの美しい日常に触れながら、今日も今日とて魔女は出逢いと別れの物語を紡いでいきます。
「構わないでください。私、旅人なものですから。先を急がなければならないのです」
魔女。――そう、私です。

引用元:BOOK☆WALKERより

「魔女の旅々」シリーズの1巻の感想

イレイナがホウキに乗って、旅をする連作短編集です。

語り口がイレイナ本人で、時にかわいさを感じられて、ほのぼのとします。

1つ1つが短編で構成されていて、どのエピソードも、心温まるものだったり、感動するものだったり、バットエンドになりそうなものたったりします。

ただ、結末まで付き合わず、イレイナは旅に出るところが淡白で、最後はどんなふうになったんだろうと考えてしまいます。

結末を描かれていないので、勝手に想像をしてしまう要素がある。

短編のラストではそれを匂わすことが描かれていてる。

人によっては

  • ハッピーエンド
  • バットエンド

で終わりを迎える結末にもなり得て、遊び心があり、どのエピソードも楽しめる。

イレイナが旅を優先することで淡白なのは、おそらくは魔女になるためにフランに弟子入りをして、「我慢のしすぎ」を指摘されたことによるものではと考えられる。

フランに会わなければ、結末まで付き合っていたかも知れない。

それから、イレイナの母の3つの約束も。

違ったエピソードになっていたのではと思うと、遊び心のある短編ではなかったかも知れない。

今後のイレイナの旅はどんな人に出会い、どんなふうに展開していくのか楽しみです。

「魔女の旅々」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目、BOOK☆WALKERの読み放題

2022年3月31日23:59までの期間限定で読むことができます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「魔女の旅々」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「魔女の旅々」シリーズの1巻の感想
  • 「魔女の旅々」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント