当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「花咲く日本橋おんみょうじ-おばけ嫌いですがお花屋さんと謎を解きます (双葉文庫) / 四葉夕ト」の感想

この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「花咲く日本橋おんみょうじ-おばけ嫌いですがお花屋さんと謎を解きます」の感想ブログです。

✔️記事の内容

  • 「花咲く日本橋おんみょうじ-おばけ嫌いですがお花屋さんと謎を解きます」のあらすじ
  • 「花咲く日本橋おんみょうじ-おばけ嫌いですがお花屋さんと謎を解きます」の感想
  • 「花咲く日本橋おんみょうじ-おばけ嫌いですがお花屋さんと謎を解きます」が読めるサブスク紹介

について書いています。

「花咲く日本橋おんみょうじ-おばけ嫌いですがお花屋さんと謎を解きます」のあらすじ

代々陰陽師を輩出する家に生まれた八坂葉瑠子は、とにかくおばけが苦手。
花が大好きなので花屋になりたかったが、希望は叶わず、いやいやながら陰陽師になった。
さっそく日本橋で陰陽師として働き始めた葉瑠子だが、いきなり悪霊がらみの未解決事件の調査を命じられてしまう。
そんな折、近所の花屋に勤めるイケメンと知り合った葉瑠子は、彼の助けを借りて、事件を解決しようと奔走する。

ダメ陰陽師とイケメン花屋の凸凹コンビが織り成すハートフルあやかしミステリー開幕!

引用元:Amazonより

「花咲く日本橋おんみょうじ-おばけ嫌いですがお花屋さんと謎を解きます」の感想

八坂葉瑠子は代々陰陽師を輩出する家系で生まれ育つ。

ただ、おばけが怖くて、花屋になりたいという。

家系的には変わり者っぽさがあるももの可愛らしさがある。

赴任先近くの花屋で西園賢一郎と出会う。

ただ、葉瑠子が3時間も花を眺めていたから面白い。

そして、さまざまな悪霊がらみの事件にも協力して取り組むようになる。

どの悪霊がらみの事件には、悲しみや切なさはあるものの、最後はほっこりとする。

さらには、葉瑠子と賢一郎の今後の関係性が気になります。

「花咲く日本橋おんみょうじ-おばけ嫌いですがお花屋さんと謎を解きます」が読めるサブスク紹介

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事は「花咲く日本橋おんみょうじ-おばけ嫌いですがお花屋さんと謎を解きます」の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「花咲く日本橋おんみょうじ-おばけ嫌いですがお花屋さんと謎を解きます」のあらすじ
  • 「花咲く日本橋おんみょうじ-おばけ嫌いですがお花屋さんと謎を解きます」の感想
  • 「花咲く日本橋おんみょうじ-おばけ嫌いですがお花屋さんと謎を解きます」が読めるサブスク紹介

についてでした。