当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 3(MF文庫J) / 鈴木大輔」の感想

この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」シリーズの3巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」シリーズの3巻のあらすじ
  • 「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」シリーズの3巻の感想
  • 「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」シリーズの3巻のあらすじ

ブラコン×シスコン=超ラブコメ
『ひとつ屋根の下で可愛い女の子たちと同居生活』。男なら誰しも夢見る状況だけど、現実はそう甘くない。新たに始まった寮生活では何かと揉め事が起きるし、おまけにお風呂に入るのに目隠しをさせられる、ってどういうこと? そんなわけで、大ヒット御礼のブラコン妹ラブコメ第三弾! いよいよ盛り上がって参りました!

引用元:BOOK☆WALKERより

「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」シリーズの3巻の感想

秋人と秋子が住む寮に、生徒会である二階堂嵐、那須原アナスタシア、猿渡銀兵衛春臣が引越しをしてくる。

生徒会の面々はみんな個性的で面白いが、寮でも騒々しく賑やかさになるから笑える。

嵐、アナスタシア、銀兵衛は、秋子のブラコン対策のためにやってきたが、利害の一致をすると秋子をからかうところは笑える。

秋子はブラコンではあるけど、秋人もシスコン気味であるから、やりとりが微笑ましさもあり、面白さもある。

秋子は秋人に攻めまくるが、防御力がかなり低くて、照れるところがかわいい。

銀兵衛と秋人は友人関係ではあるけど、照れる銀兵衛がかわいくて、ほのぼのとして和む。

嵐やアナスタシアにからかわれるところもあって、さまざまな表情を見せている。

生徒会でも寮でも、個性的な面々との生活ややりとりは、今後どんなふうに繰り広げていくのかが楽しみです。

「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「読み放題 マンガコース」と「読み放題 MAXコース」の2つのサービスがあります。

「読み放題 MAXコース」では、月額1100円(税込)で、

  • マンガ単行本
  • マンガ雑誌
  • アニメ・声優誌など
  • ライトノベル
  • 新文芸
  • 文芸・小説

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額1100円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」シリーズの3巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」シリーズの3巻のあらすじ
  • 「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」シリーズの3巻の感想
  • 「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント