当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。2 (カドカワBOOKS) / 夕蜜柑」の感想

この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」シリーズの2巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」シリーズの2巻の感想
  • 「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」シリーズの2巻のあらすじ

2000人斬りした大型新人――今度は『浮遊要塞』化!?
バトルロイヤルイベントで全プレイヤー中3位という驚異的な成績を残し、一躍有名プレイヤーとなったメイプル。あらゆる攻撃を回避する相棒サリーとともに、今度は倒せないはずのボスだって楽々蹂躙しちゃいます!?

引用元:BOOK☆WALKERより

「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」シリーズの2巻の感想

『NewWorld Online』の第二回イベントが開催されて、メープルとサリーがパーティーを組み参加する。

2人の仲の良さを感じさせるやりとりは微笑ましい。

ただ、幼なじみだからイジワルでサリーがメープルに黒歴史を言うと、メープルもやり返す場面は面白い。

しかも、メープルは倍返しするから笑える。

運営側のやりとりでは、メープルのぶっ飛んだ発想を行動するために、かなり頭を悩ませているのが笑える。

予測不可能すぎるから仕方がないところではある。

イベントではさまざまなボスに挑み、2人で乗り越えるが、サリーはPS(プレイヤースキル)が優れていて、ある意味でメープルと違ったぶっ飛びよう。

その他にも、カスミやカナデに出会い、フレンド申請までする。

今後どんな展開になり、メープルはどんなぶっ飛んだことをやらかすのかが楽しみで仕方がない。

「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「読み放題 マンガコース」と「読み放題 MAXコース」の2つのサービスがあります。

「読み放題 MAXコース」では、月額1100円(税込)で、

  • マンガ単行本
  • マンガ雑誌
  • アニメ・声優誌など
  • ライトノベル
  • 新文芸
  • 文芸・小説

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額1100円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」シリーズの2巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」シリーズの2巻の感想
  • 「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

についてでした。