当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

ラノベ「妹さえいればいい。」シリーズまとめ

この記事は約14分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事はラノベ「妹さえいればいい。」シリーズをまとめたブログです。

原作者の平坂読さんは、「ホーンテッド!」で第0回MF文庫Jライトノベル新人賞(メディアファクトリー主催)優秀賞を受賞し、2004年に同作でデビューしました。

他の作品では、「僕は友達が少ない」があります。

ラノベ「妹さえいればいい。」シリーズ

「妹さえいればいい。」シリーズは、コミカライズが「妹さえいればいい。@comic」と「妹さえいればいい。外伝 妹にさえなればいい!」がされ、2017年10月から12月にアニメ化もされた作品です。

原作ラノベは14巻まで刊行されています。

1巻

“はがない”の平坂読が放つ衝撃作!!

「アマゾンレビューは貴様の日記帳ではない!」
 荒ぶる小説家・羽島伊月は、未だ見ぬ究極の妹を創造すべく日夜奮闘する現代のピグマリオンである。彼の周りには、作家やイラストレーターや編集者や税理士など個性的な人々が集まっている。愛も才能もヘビー級、残念系美少女のハイエンド・可児那由多。恋に悩み友情に悩み夢に悩む青春三冠王・白川京。闘志を秘めたイケメン王子、不破春斗。人生ナメてる系天才イラストレーター・ぷりけつ。頼れるけど頼りたくない鬼畜税金セーバー・大野アシュリー。闇を抱えた編集者・土岐健次郎――。
それぞれ迷いや悩みを抱えながらも、ゲームをやったり旅行に行ったりTRPGをやったり、たまには仕事をしたりと、賑やかで楽しい日常を繰り広げる伊月たち。そんな彼らを温かく見守る完璧超人の弟・千尋には、ある重大な秘密があって――。

各界から絶賛の声多数(本当)! 『僕は友達が少ない』の平坂読が放つ、日常ラブコメの到達点にしてライトノベル界の現実を赤裸々に晒す衝撃作。言葉の鋭刃が今、世界と担当編集の胃に穴を穿つ――!!!!

引用元:BOOK☆WALKERより

「妹さえいればいい。」シリーズ1巻の感想について、詳しくは下記をご参考にしてください。

関連>>>「妹さえいればいい。 (ガガガ文庫) / 平坂 読」の感想

2巻

俺達はアニメの原作を書いてるんじゃない!
妹バカの小説家・羽島伊月は、人気シリーズ『妹法大戦』最新巻の執筆に苦戦していた。気分転換のためゲームをしたり混浴の温泉に行ったりお花見をしたり、担当への言い訳メールを考えたりしながら、どうにか原稿を書き進めていく伊月。彼を取り巻く可児那由多やぷりけつ、白川京や義弟の千尋といった個性的な面々も、それぞれ悩みを抱えながら日々を生きている。そんな中、伊月の同期作家で親友・不破春斗の『絶界の聖霊騎士』のテレビアニメがついに放送開始となるのだが――。
妹と全裸に彩られた日常コメディ、第2弾登場!!

引用元:BOOK☆WALKERより

「妹さえいればいい。」シリーズ2巻の感想について、詳しくは下記をご参考にしてください。

関連>>>「妹さえいればいい。2 (ガガガ文庫) / 平坂 読」の感想

3巻

妹さえいればいいと思っていたはずなのに!

妹モノの小説ばかり書いている妹バカの作家・羽島伊月は、様々な悩みや問題を抱えながら慌ただしい日々を送っている。原稿の締め切り、恋、そして家族のこと……。アニメ化で大ダメージを負った友人作家の不破春斗から恋愛相談を持ちかけられたのを皮切りに、伊月の周囲の人間関係も動いていく。果たしてその先に待ち受けるのは激動か、平穏か――。一方、天才イラストレーターぷりけつは千年に一度のケツを持つ少女を探していた……! 羽島兄妹の事情も明らかになるかもしれない、大人気青春ラブコメ群像劇第3弾!!

引用元:BOOK☆WALKERより

「妹さえいればいい。」シリーズ3巻の感想について、詳しくは下記をご参考にしてください。

関連>>>「妹さえいればいい。3 (ガガガ文庫) / 平坂 読」の感想

4巻

小説家VSマンガ家!?

『妹のすべて』のアニメ化が決定し、さらにはコミック化も決まり絶好調の羽島伊月。しかし満場一致でコミカライズ担当に選ばれたマンガ家・三国山蚕にはとんでもない秘密があり、それはぷりけつや可児那由多、そして何故か普通の女子大生の白川京まで巻き込んだ珍騒動へと発展していくのだった。果たして伊月は、初めてのメディアミックスという荒波を無事に乗り越えることができるのか! そして伊月と那由多との関係にもついに変化が……!? 大人気青春ラブコメ群像劇、待望の第4弾! 今、すべてを懸けた戦いの幕が上がる!

引用元:BOOK☆WALKERより

「妹さえいればいい。」シリーズ4巻の感想について、詳しくは下記をご参考にしてください。

関連>>>「妹さえいればいい。4 (ガガガ文庫) / 平坂 読」の感想

5巻

出版社はブラック企業!!

伊月の担当編集である土岐健次郎(趣味:風俗通い)の推薦でGF文庫編集部でアルバイトすることになった白川京だったが、彼女を待ち受けていたのはバイトの領域を超えた恐るべき労働の日々だった。伊月や那由多といった問題児作家からの原稿回収、蚕のマンガのモデル(全裸)、那由多の取材(全裸)、連日の飲み会、作家や編集者からの無茶振り……。労働基準法なにそれおいしいの? 社会の厳しさを知り大人の階段を登る京(全裸)に、恋愛方面でも変化が……!?
身も心もさらけだす出版業界ラブコメ、衝撃の第5弾!

引用元:BOOK☆WALKERより

「妹さえいればいい。」シリーズ5巻の感想について、詳しくは下記をご参考にしてください。

関連>>>「妹さえいればいい。5(ガガガ文庫) / 平坂 読」の感想

6巻

可児那由多、本気出す。

告白ひとつで人間関係が一変してしまうほど、彼ら彼女らは子供ではない。けれども、心は確実に変化する。心の変化は物語に新たな潮流を作り出し、登場人物たちを否応なく巻き込んでいく。それとは関係なく、アニメ化という荒波もまた伊月を容赦なく押し流す。さらにはGF文庫にも、新しい作家たちが登場する。新展開、新人、新しい仕事、新しい日常。それはそうとぷりけつは相変わらず千年に一人のケツを持つ少女を追い求めていた。そんな彼にも大きな変化が……!?同じようで変わりゆく、青春ラブコメ群像劇第6弾!!

引用元:BOOK☆WALKERより

「妹さえいればいい。」シリーズ6巻の感想について、詳しくは下記をご参考にしてください。

関連>>>「妹さえいればいい。6(ガガガ文庫) / 平坂 読」の感想

7巻