当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「百錬の覇王と聖約の戦乙女8 (HJ文庫) / 鷹山誠一」の感想

この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの8巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの8巻のあらすじ
  • 「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの8巻の感想
  • 「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの8巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの8巻のあらすじ

《狼》の氏族を守るため、生涯のパートナーとなった美月とともにユグドラシルに帰還することを決意した勇斗。お互いの両親への挨拶もなんとか済ませ、ついに召喚儀式の夜を迎える。が、そのとき異変が! 《豹》の誇る秘法使いシギュンの妨害によって、美月はたった一人ユグドラシルに飛ばされてしまう。時空を超えて再度離れ離れになった二人の運命は!?

引用元:BOOK☆WALKERより

「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの8巻の感想

《狼》の氏族を守るために勇斗はユグドラシルに戻ることを決断するが、美月も家族や友達と離れて勇斗に付いていく。

美月の決断により、勇斗は美月に告白し、生涯のパートナーとなる。

3年間も離れていたからこその、美月の決断ではあるが、家族や友達と別れるのは寂しい気持ちもありつつも、やはり勇斗のことを一途に思い続けたことが凄い。

2人でユグドラシルに行く予定が、《豹》の誇る秘法使いシギュンの妨害で、美月のみがユグドラシルに行き、またもや離れてしまう。

美月は不安に思いつつも、フェリシアたちと打ち解けて、勇斗よりも肝が据わって面白い。

美月と神帝シグルドリーファが出会い、やりとりが面白い。

瓜二つなのに性格が違って、地位も違うのに、日に日に親しくなっていくところは凄いところで驚く。

美月の惚気話を聞かされる神帝シグルドリーファのうんざりしているのか笑える。

瑠璃の従姉からのユグドラシルの謎も気になるところだが、今後の勇斗や美月たちに待ち受けている展開は楽しみです。

「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの8巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「読み放題 マンガコース」と「読み放題 MAXコース」の2つのサービスがあります。

「読み放題 MAXコース」では、月額1100円(税込)で、

  • マンガ単行本
  • マンガ雑誌
  • アニメ・声優誌など
  • ライトノベル
  • 新文芸
  • 文芸・小説

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額1100円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの8巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの8巻のあらすじ
  • 「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの8巻の感想
  • 「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの8巻が読めるサブスク紹介

についてでした。