当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う3 (角川スニーカー文庫) / 昼熊」の感想

この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う」シリーズの3巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 「自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う」シリーズの3巻のあらすじ
  • 「自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う」シリーズの3巻の感想

について書いています。

「自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う」シリーズの3巻のあらすじ

累計2000万PV突破!自販機に転生した男の異世界無双ライフ第3巻!!

迷路階層の主・炎巨骨魔を退け、異世界で着々と名声を築いていく自販機――ハッコン。そんな、彼のもとへは今日も続々と新たな依頼が。 地図の作成やモンスターハント、更には大食い大会の景品に!?
「これで今日一日、ハッコンは私の物っすよ!」自販機の独占使用権を得たのは底無しの胃袋を持つ少女・シュイ。暴食の限りを尽くすに彼女に、全ての食料を食い尽くされてしまうのか――?自動販売機に
転生した男の異世界無双ライフ第3巻!!

引用元:Amazonより

「自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う」シリーズの3巻の感想

大食い大会でのシュイの食べっぷりは脱帽する。

しかも、シュイの胃袋に興味をわいたハッコンとラッミス、ヒュールミは、どこまで食べれば限界を迎えるのかを調べ、驚くことになってしまう。

が、シュイは始まりの階層で、子供たちと遊ぶ姿は微笑ましく、優しさを感じられる。

ハッコンはさまざまな依頼を受けることが多く、ラッミスに運ばれて共に依頼をこなしていく。

ただ、ある階層主を討伐する依頼で、ラッミスの苦手なものが発覚し、克服しようとするところは応援したい気持ちになる。

ハッコンと一緒に居たいという気持ちがラッミスにはあるから、健気さを感じられて可愛らしい。

ハッコンとラッミスは、意思の疎通もできているからやりとりは微笑ましい。

さいごに

今回の記事は「自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う」シリーズの3巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う」シリーズの3巻のあらすじ
  • 「自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う」シリーズの3巻の感想

についてでした。

コメント