「お菓子職人の成り上がり~天才パティシエの領地経営~(4) (Mノベルス) / 月夜涙」の感想

interest




無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「お菓子職人の成り上がり~天才パティシエの領地経営~」シリーズの4巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 「お菓子職人の成り上がり~天才パティシエの領地経営~」シリーズの4巻のあらすじ
  • 「お菓子職人の成り上がり~天才パティシエの領地経営~」シリーズの4巻の感想
  • 「お菓子職人の成り上がり~天才パティシエの領地経営~」シリーズの4巻が読めるサブスク紹介

について書いています。


「お菓子職人の成り上がり~天才パティシエの領地経営~」シリーズの4巻のあらすじ

四大貴族の食事会を終え、アルノルト領にもどってきたクルト。レナリール公爵公認の看板を引っさげて、エクラバの街に念願のお菓子屋を開店することに。さらに、初代からの悲願であった男爵への昇格も決まり順風満帆!…のはずだったが、王家から渾身の力を込めて作った「インペリアル・トルテ」以上のお菓子を振る舞えという無理難題が!?「小説家になろう」発スローライフファンタジー、待望の第四弾!

引用元:BOOK☆WALKERより

「お菓子職人の成り上がり~天才パティシエの領地経営~」シリーズの4巻の感想

四大貴族の食事会を終えて、お菓子屋を開店させるべく、アルノルト領に戻って準備を始めるクルト。

その準備を手伝うティナとクロエが健気でかわいい。

慕っているのもわかるし、好意を抱いているのもわかる。

だから、3人のやりとりは微笑ましくてほのぼのとする。

クルトのお菓子作りの弟子のミルは、成長を促すために試練を与える。

元々、孤児だったが、お菓子作りの才能があったからこそ、応援したい気持ちになる。

男爵の地位を得るクルトは、またもや無理難題を課せられるが、お菓子で黙らせることができているから痛感。

作られるお菓子がどれもこれも美味しそうで食べてみたい。

お店の店長を任せることになったドルワートは、できる女性ではあるが、変わったところもあって面白い。

クルトに「お姉ちゃん」と呼ばせるから、引き気味になっているのが笑える。

領地開拓やお菓子屋などや、ティナとの微笑ましいやりとりも、今後どんなふうになっていくのかが楽しみです。

「お菓子職人の成り上がり~天才パティシエの領地経営~」シリーズの4巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目は、BOOK☆WALKERの読み放題

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目は、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事は「お菓子職人の成り上がり~天才パティシエの領地経営~」シリーズの4巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「お菓子職人の成り上がり~天才パティシエの領地経営~」シリーズの4巻のあらすじ
  • 「お菓子職人の成り上がり~天才パティシエの領地経営~」シリーズの4巻の感想
  • 「お菓子職人の成り上がり~天才パティシエの領地経営~」シリーズの4巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント