「エロマンガ先生(8) 和泉マサムネの休日 (電撃文庫) / 伏見 つかさ」の感想

interest
スポンサーリンク

無月黒羽です。

今回の記事は『エロマンガ先生』シリーズ8巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 『エロマンガ先生』シリーズの8巻が読めるサブスク紹介
  • 『エロマンガ先生』シリーズの8巻のあらすじ
  • 『エロマンガ先生』シリーズの8巻の感想
  • 『エロマンガ先生』シリーズの著者紹介
  • 『エロマンガ先生』シリーズの挿絵・イラスト担当紹介

について書いています。

スポンサーリンク

『エロマンガ先生』シリーズ8巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの文庫・ラノベ読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目は、BOOK☆WALKERの文庫・ラノベ読み放題

2022年1月31日の23:59までの期間限定です。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/


2つ目は、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

\30日間の無料体験期間があり/

『エロマンガ先生』シリーズ8巻のあらすじ

今語られる、和泉兄妹の過去! シリーズ最大の謎が明かされる人気シリーズ第8巻!
「今日から兄さんは、私と同棲するの」 著作『世界で一番可愛い妹』のアニメ化によって不眠不休の生活を余儀なくされたマサムネ。兄の無茶を心配した紗霧は、『開かずの間』での“同棲”を要求する。そうして始まったのは、妹やヒロインたちとの“同棲生活”だった!? 同衾、お風呂、家庭裁判!? 恋に仕事に、二重の修羅場をなんとか乗り切ったマサムネは、束の間の休日に、様々な思い出を回想していく……。『妹やエルフと過ごした休日』『智恵との出会い』『ムラマサ先輩との日々』『マサムネが小説を書きはじめた「きっかけ」』。――そして、『私』が語る、和泉兄妹の過去。『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の伏見つかさ&かんざきひろで贈る、大人気シリーズ最新刊!

引用元:BOOK☆WALKERより

『エロマンガ先生』シリーズ8巻の感想

真希奈がアニメ化が終わるまで、マサムネの家で同居するようになり、それに伴い京香も兄妹と同居になる。

賑やかな雰囲気が微笑ましい気持ちになる。

が、なぜかエルフとムラマサまでもが同居することになる。

さらに、賑やかな雰囲気になり、笑いを誘うほど楽しい。

沙霧はマサムネが徹夜続きを心配して、自分のベッドで寝させるが、自分まで寝てしまうとかかわいすぎる。

エルフに見つかって、騒動になり騒がしい感じだが、楽しい光景ではある。

裁判みたいなやり取りで、真希奈が役に立つことがないのは面白い。

京香は厳しい面のあるクールな人だが、デレるとかわいいところがある。

しかも、兄のこと好きなのではと思える部分があり、ニヤリとしてしまう。

クールな一面からテンパってぶっ飛んだ発言をしてデレるのはギャップがある。

マサムネの久々の休日をすごすが、やり方を忘れるところは面白い。

今まで突っ走ってきたから。

智恵とのやり取りは、語られていないエピソードがあり、面白さと微笑ましさがある。

出会い方も会話のやり取りも面白い。

ボクっ子なところやデレるところはかわいらしさを感じる。

ムラマサとの語られていないエピソードも笑える。

ぶっ飛んだ発言をしたり、デレるところがあったり、いろんな表情を見せてくれる。

マサムネによくツッコミを入れられるやり取りは面白く楽しませてくれて笑える。

マサムネと沙霧の過去のエピソードは感動する。

が、ちょこちょこと沙霧のお母さんが出てくる場面では笑わせてくれる。

感動に涙するエピソードなのに、笑いが入るから、感情がぐちゃぐちゃになりました。

『エロマンガ先生』シリーズの著者紹介

2006年、第12回電撃小説大賞に『十三番目のアリス』で第三次選考に残りデビューしました。

2008年から発表しているシリーズ作品『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』もあり、2010年10月に深夜帯でテレビアニメ化もされました。

同作のアニメ版の第9話「俺の妹がこんなにエロゲー三昧なわけがない」では脚本も担当しています。

2013年より刊行された『エロマンガ先生』は2016年にテレビアニメ化が決定し、2017年4月より放送されました。

同アニメ版の第8話「夢見る紗霧と夏花火」や、第11話「二人の出会いと未来の兄妹」、第12話「エロマンガフェスティバル」では脚本を担当している。

『エロマンガ先生』シリーズの挿絵・イラスト担当紹介

かんざき ひろは『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』も担当されています。

  • 織田広之
  • Hiroyuki ODA
  • 鼻そうめんP
  • HSP

などの別名義でイラストレーター以外にも、アニメーターや作曲家、編曲家としても活動もされています。

さいごに

今回の記事の内容は

  • 『エロマンガ先生』シリーズの8巻が読めるサブスク紹介
  • 『エロマンガ先生』シリーズの8巻のあらすじ
  • 『エロマンガ先生』シリーズの8巻の感想
  • 『エロマンガ先生』シリーズの著者紹介
  • 『エロマンガ先生』シリーズの挿絵・イラスト担当紹介

についてでした。

関連>>>「エロマンガ先生(7) アニメで始まる同棲生活 (電撃文庫) / 伏見 つかさ」の感想

関連>>>ラノベ「エロマンガ先生」シリーズ全巻まとめ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました