当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「姫さま、世界滅ぶからごはん食べ行きますよ!2 (MF文庫J) / おかざき登」の感想

この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「姫さま、世界滅ぶからごはん食べ行きますよ!」シリーズの2巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 「姫さま、世界滅ぶからごはん食べ行きますよ!」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「姫さま、世界滅ぶからごはん食べ行きますよ!」シリーズの2巻の感想
  • 「姫さま、世界滅ぶからごはん食べ行きますよ!」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「姫さま、世界滅ぶからごはん食べ行きますよ!」シリーズの2巻のあらすじ

姫さまと過ごすクリスマス&お正月! 甘いイベント尽くしの第2巻!
ロフィーナたちが来たことで賑やかになった飛露騎の日常。クリスマスに初詣と、甘酸っぱいイベントが続く中、姫さまの興味はやっぱりおいしいごはんにあるようで……?

引用元:BOOK☆WALKERより

「姫さま、世界滅ぶからごはん食べ行きますよ!」シリーズの2巻の感想

飛露騎たちの日常は、ロフィーナ、ヴヴ、津留美、ローズが来たことで賑やかさが増している。

騒がしいぐらいではあるものの、仲良くご飯を食べに行ったり、年長組は酒盛りをしたり、飛露騎と紅緒、ロフィーナの関係を見守ったりと微笑ましさもある。

ヴヴがネガティブになったけど、普段と違うギャップがあって、可愛らしく思える。

しかも、ロフィーナとの主従関係がより深まってほのぼのとする。

津留美とローズはある組織のトップではあるけど、やりとりが子供と大人の言い合いみたいになったりして面白い。

ただ、似た者同士な感じがいい。

ご飯関係の豆知識などもあったりして興味深いところもあるが、出てくるご飯も美味しそうで和気藹々としているけど、世界滅亡の危機が迫ったりしているのに緊迫感のない緩い空気は面白い。

「姫さま、世界滅ぶからごはん食べ行きますよ!」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目は、BOOK☆WALKERの読み放題

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「読み放題 マンガコース」と「読み放題 MAXコース」の2つのサービスがあります。

「読み放題 MAXコース」では、月額1100円(税込)で、

  • マンガ単行本
  • マンガ雑誌
  • アニメ・声優誌など
  • ライトノベル
  • 新文芸
  • 文芸・小説

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額1100円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目は、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事は「姫さま、世界滅ぶからごはん食べ行きますよ!」シリーズの2巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「姫さま、世界滅ぶからごはん食べ行きますよ!」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「姫さま、世界滅ぶからごはん食べ行きますよ!」シリーズの2巻の感想
  • 「姫さま、世界滅ぶからごはん食べ行きますよ!」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント