当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「モンスター娘のお医者さん 8 (ダッシュエックス文庫) / 折口良乃」の感想

この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「モンスター娘のお医者さん」シリーズの8巻の感想ブログです。

今回の記事の内容は

  • 「モンスター娘のお医者さん」シリーズの8巻のあらすじ
  • 「モンスター娘のお医者さん」シリーズの8巻の感想
  • 「モンスター娘のお医者さん」シリーズの8巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「モンスター娘のお医者さん」シリーズの8巻のあらすじ

サーフェ、ティサリア、アラーニャの3人の婚約者を連れてグレンは里帰りで東へ向かっていた。絶縁状態だった父と久方ぶりに再会し、重婚の報告をするグレン。厳格な父に、人外との結婚を受け入れさせるのは困難かと思われたが、意外にもあっさり承諾される。ただひとり、アラーニャとの婚姻を除いては――。理由は、最近、東で悪事を働いている新興教団『黒後家党』とアラーニャの関連が疑われること。当然、グレンは反発するが、当のアラーニャには心当たりがあるようで…。果たしてグレンは心に決めた女性全員と結婚できるのか。TVアニメ7月放送開始! ロングシリーズ“モン娘”診察奮闘記、第8弾!!

引用元:BOOK☆WALKERより

「モンスター娘のお医者さん」シリーズの8巻の感想

グレンは両親に結婚報告をウダウダしている間に、ソーエンによって帰省報告をされてしまう。

ウダウダしていた分、覚悟をしてサーフェたちと里帰りをする。

ソーエンとサキの関係が面白い。

威厳を感じさせるソーエンだが、サキには頭が上がらないけど、仲睦まじい2人には微笑ましさがある。

ただ、ソーエンのある一言でグレンを利用してから、お説教をするところは少し恐ろしさを感じさせる。

スィウはサーフェたちのことを姉と慕っていて、それぞれとのやりとりは微笑ましい。

特に、ティサリアとの稽古では姉妹のような雰囲気がある。

グレンの父親も妻である黒葉には弱い。

リトバイント家は女性が強いのかもと思うと、これからのグレンがどんなふうになるのかが楽しみです。

「モンスター娘のお医者さん」シリーズの8巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「読み放題 マンガコース」と「読み放題 MAXコース」の2つのサービスがあります。

「読み放題 MAXコース」では、月額1100円(税込)で、

  • マンガ単行本
  • マンガ雑誌
  • アニメ・声優誌など
  • ライトノベル
  • 新文芸
  • 文芸・小説

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額1100円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「モンスター娘のお医者さん」シリーズの8巻のあらすじ
  • 「モンスター娘のお医者さん」シリーズの8巻の感想
  • 「モンスター娘のお医者さん」シリーズの8巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント