「無職転生~異世界行ったら本気だす~(12) (MFブックス) / 理不尽な孫の手」の感想

interest

今回の記事は「無職転生」シリーズの12巻の感想ブログです。

理不尽な孫の手さんの作品である「無職転生」シリーズは、2021年1月に第1期が放送されました。

そして、第2期が2021年10月に放送が決定しています。

最初は2021年8月でしたが、延期になり、10月からになりました。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

「無職転生~異世界行ったら本気だす~ (11) (MFブックス) / 理不尽な孫の手」の感想」という記事も書いています。

今回の記事の内容は
  • 「無職転生」シリーズの12巻のあらすじ
  • 「無職転生」シリーズの12巻の感想

について書いている記事です。

「無職転生」シリーズの12巻のあらすじ

父と息子は迷宮へ!!母の救出は成るか!?
母を救出するため、父パウロと共に迷宮に挑むことになったルーデウス。かつてない脅威を前にした時、父が息子に伝えた予想外の言葉とは!?異世界で親子の絆を知る、人生やり直し型転生ファンタジー第十二弾!

引用元:BOOK☆WALKERより

「無職転生」シリーズの12巻の感想

パウロたちと合流し、ゼニス救出作戦が始まる。

ルーデウスが来る前に、ロキシーがドジっ子っぷりを発揮し、取り残される出来事が起きる。

ロキシーのそういうところが可愛くて癒される。

救出された後のルーデウスとロキシーの会話のやり取りも微笑ましい気持ちになる。

何年も会っていないから、忘れられても仕方ない気もする。

カッコいいルーデウスの姿に、ロキシーが恋する乙女になるところも、可愛すぎてヤバい。

ルーデウスとエリナリーゼの加入で、トントン拍子で迷宮を攻略するが、最後に悲しい出来事が起こり涙が出た。

さいごに

今回の記事の内容は
  • 「無職転生」シリーズの12巻のあらすじ
  • 「無職転生」シリーズの12巻の感想
無月黒羽
無月黒羽

最後まで読んでいただきありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました