「京都烏丸御池のお祓い本舗 (双葉文庫) / 望月麻衣」の感想

interest

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「京都烏丸御池のお祓い本舗」シリーズの1巻の感想ブログです。

✔️記事の内容

  • 「京都烏丸御池のお祓い本舗」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「京都烏丸御池のお祓い本舗」シリーズの1巻の感想
  • 「京都烏丸御池のお祓い本舗」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「京都烏丸御池のお祓い本舗」シリーズの1巻のあらすじ

会社をリストラされた木崎朋美がレトロなBARで出会ったのは、ジョニー・デップさながらの弁護士・城之内隆一。その場でスカウトされ、烏丸御池にある彼の事務所に勤めることになった朋美だが、来るのは“猫探し”や“ストーカー退治”など、奇妙な依頼ばかり。抜群にイイ男なのに、普段は残念な京男子・ジョー先生と、絶世の美少年高校生・海斗君に囲まれた事務所の本業は“お祓い”だった!?“不思議いっぱい”の街・京都を舞台にしたキャラクターノベル、新シリーズスタート!

引用元:Amazonより

「京都烏丸御池のお祓い本舗」シリーズの1巻の感想

朋美、ジョー先生、海斗の3人のやりとりは面白く、接するうちにどんどん打ち解けて、絶妙なテンポで楽しい。

朋美は映画に詳しくて、タイトルが多く出てくる。

興味が惹かれる作品ばかりで気になる。

ジョー先生と海斗からは防御系と言われてるが、特に何もしていないのに凄いと褒められるところは面白い。

トリオの例えは笑える。

ジョー先生は、普段はだらしないのに、祓いの仕事の時のギャップがいい。

シュークリームのくだりは、大人気ない感じが面白い。

海斗は高校生らしさもあるが、眷属神と友達ってのが凄い。

朋美をからかうところは無邪気さがある。

京都ホームズとのコラボもあり、本能寺の変のくだりのやりとりは興味深く、面白くて楽しい。

面白いやりとりをするトリオの活躍を今後も楽しみ。

次はどんな依頼が待ち、どんなやりとりをするのかワクワクします。

「京都烏丸御池のお祓い本舗」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事は「京都烏丸御池のお祓い本舗」シリーズの1巻の感想ブログです。

✔️記事の内容

  • 「京都烏丸御池のお祓い本舗」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「京都烏丸御池のお祓い本舗」シリーズの1巻の感想
  • 「京都烏丸御池のお祓い本舗」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント