当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「百錬の覇王と聖約の戦乙女6 (HJ文庫) / 鷹山誠一」の感想

この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの6巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの6巻のあらすじ
  • 「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの6巻の感想
  • 「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの6巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの6巻のあらすじ

勇斗の前に突然現れた、神帝シグルドリーファ。ユグドラシル全土に君臨する彼女が幼馴染みの美月と瓜二つであることに驚きながらも、勇斗はお忍び中の彼女を宮殿でもてなすことに。彼女から現代に帰る手がかりを聞き期待を膨らませる勇斗。だがそのとき、虎心王ステインソール率いる《雷》の軍勢が襲来! 勇斗は新たな奇策をもって迎撃に挑むが!?

引用元:BOOK☆WALKERより

「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの6巻の感想

神帝シグルドリーファが勇斗の前に突然現れる。

しかも、幼なじみの美月と瓜二つで戸惑うが、お忍びだとわかり、宮廷でもてなす。

オテンバなところのあるシグルドリーファは、護衛を振り切ってトラブルを起こしているから、面白さはあるものの厄介さもある。

ただ、帰る術の仮説が立ち、少しは希望が見える。

でも、勇斗自身は期待しているけど、期待しすぎていないところは、過去の出来事で経験したことによるもので成長のひとつでもある。

新年の宴では気苦労するところがあって疲れをみせるけど、賑やかさはほのぼのとする。

シグルドリーファと一部での鍋を囲むところは、フェリシアが年齢のことにより病んで面白い展開になり笑いを誘う。

《雷》が再び動き出し、さらには《狼》と手を組んだことで、苦戦を余儀なくされてしまう。

でも、勇斗は自ら軍を鼓舞することで、劣勢になりかけていたのを立て直す。

軍の兵たちは勇斗の今までを見てきているからこそ、3年ほどの積み重ねが見えて、ホロっとくる。

「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの6巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「読み放題 マンガコース」と「読み放題 MAXコース」の2つのサービスがあります。

「読み放題 MAXコース」では、月額1100円(税込)で、

  • マンガ単行本
  • マンガ雑誌
  • アニメ・声優誌など
  • ライトノベル
  • 新文芸
  • 文芸・小説

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額1100円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの6巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの6巻のあらすじ
  • 「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの6巻の感想
  • 「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの6巻が読めるサブスク紹介

についてでした。