「転生した受付嬢のギルド日誌(2) (BKブックス) / Seica」の感想

interest




無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は転生した受付嬢のギルド日誌」シリーズの2巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 転生した受付嬢のギルド日誌」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「転生した受付嬢のギルド日誌」シリーズの2巻の感想
  • 「転生した受付嬢のギルド日誌」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

について書いています。


「転生した受付嬢のギルド日誌」シリーズの2巻のあらすじ

王都への冒険者大規模派遣のおかげでやや手薄なこのタイミングで、またもやスタンピードが発生!
溢れ出したスライムの大群を自慢の障壁魔法で撃退するシャーロットだったが、その数がやけに多く……?
一方、近隣の村から運び込まれた大量の魔物の山を前に、目を輝かせるのは解体担当のタチアナ。
しかしその中に、大型で獰猛な魔物が潜んでいた!
アーリズの町の冒険者ギルドで働くチートな受付嬢とその仲間たちを描く物語、待望の第2弾!!

引用元:BOOK☆WALKERより

「転生した受付嬢のギルド日誌」シリーズの2巻の感想

シャーロットは冒険者ギルドの受付嬢をしつつ、Aランク冒険者でもある。

前世ではOLをしていて事務能力もあり、転生後はさまざまなスキルを磨いている。

しかも、収納魔法や防壁魔法、回復魔法という強力な魔法も得ている。

そんな彼女の日常を書かれているが、王都への冒険者大規模派遣で手薄になったのに、まともやスタンピードが発生する。

冒険者たちや騎士たちが協力して討伐するが、シャーロットの二つ名で呼ばれて面白い。

個性的な冒険者ギルドの職員に囲まれて、今回特に解体担当のタチアナが面白い。

近隣の村から運び込まれた大量の魔物の山を前に目を輝かせる。

ドワーフ族で可愛らしい姿なのに、ギャップを感じさせ、やりとりも面白い。

シャーロットの活躍や日常が今後どんなふうになっていくのかが楽しみです。

「転生した受付嬢のギルド日誌」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目は、BOOK☆WALKERの読み放題

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目は、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事は「転生した受付嬢のギルド日誌」シリーズの2巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「転生した受付嬢のギルド日誌」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「転生した受付嬢のギルド日誌」シリーズの2巻の感想
  • 「転生した受付嬢のギルド日誌」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント