「賢者の孫3 史上最強の魔法師集団 (ファミ通文庫) / 吉岡剛」の感想

interest

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「賢者の孫」シリーズの3巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 「賢者の孫」シリーズの3巻のあらすじ
  • 「賢者の孫」シリーズの3巻の感想
  • 「賢者の孫」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「賢者の孫」シリーズの3巻のあらすじ

『アルティメット・マジシャンズ』、ついに魔人の軍団と激突――!!
クロード家の領地で夏合宿を行う究極魔法研究会。皆が順調にレベルを上げる中、シンは立太子の儀式に出席するためオーグと共に王国へ戻る事に。王太子オーグの誕生に沸くアールスハイド王国。しかし時を同じくして世界征服を目論む魔人の集団が、スイード王国へ侵略を始めてしまう!! その知らせを聞いたシンはシシリー達と一緒に急いでスイード王国に向かうのだが――。新英雄シンの破天荒で型破りな大人気異世界ファンタジーライフ、第三弾登場!!

引用元:BOOK☆WALKERより

「賢者の孫」シリーズの3巻の感想

究極魔法研究会の夏合宿中に、シンとシシリーは恋人同士になる。

2人の甘々な雰囲気を友人たちが、からかったり見守ったりするから微笑ましい。

シシリーのご両親も素晴らしい人たちで感銘を受ける。

ただ、シシリーの兄や姉2人は面白い。

兄の方は不憫さはあるが、シシリーのことを愛しているのがわかるから、仲の良い家族なんだと感じる。

オリバーの過去は壮絶過ぎて、切なくも悲しい出来事だが、魔人と化しているので脅威。

帝国を滅ぼし、達成感を得る。

今後の動きが気になるところではあるが、他の魔人たちがスイード王国へ向かい、シンたちはチームとして動き出す。

「アルティメット・マジシャンズ」とオーグの無茶振りに、咄嗟にシンが付けたが恥ずかしい思いをしていて面白い。

しかも、チーム全員が少しずつ規格外に近づいていて、今後も目が離せない。

「賢者の孫」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は「賢者の孫」シリーズの3巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「賢者の孫」シリーズの3巻のあらすじ
  • 「賢者の孫」シリーズの3巻の感想
  • 「賢者の孫」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント