「あの日、神様に願ったことはIII beginning of journey under the bright blue sky (電撃文庫) / 葉月 文」の感想

interest
スポンサーリンク

無月黒羽です。

今回の記事は「あの日、神様に願ったことは」シリーズ3巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「あの日、神様に願ったことは」シリーズ3巻のあらすじ
  • 「あの日、神様に願ったことは」シリーズ3巻の感想
  • 「あの日、神様に願ったことは」シリーズ3巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

スポンサーリンク

「あの日、神様に願ったことは」シリーズ3巻のあらすじ

――これは、叶羽と瑠璃。ふたりが紡ぐひと夏の逃避行。
 長かった一学期も無事に終わり、夏休みを迎えた叶羽たち。一つ、二つと白紙だった予定が埋まっていく中、ある夜、叶羽は後輩の高峰瑠璃と出会う。
 幼い頃に別れた父親と再会するため家出を決意した瑠璃に叶羽も一緒についていくことにするが、訪れた遊園地で彼女の姿が幼くなってしまい――!? 「あなたはだあれ?」
 “本当の父親”に会いたいと願う瑠璃と、父親との確執を未だ抱え続けている叶羽。
 長い長い旅路の果てに二人が辿り着いた答えとは――。
 一年に一度、願いが叶う町を舞台に繰り広げられる彼と“彼女たち”の甘酸っぱい青春ストーリー、シリーズ第3弾!

引用元:BOOK☆WALKERより

「あの日、神様に願ったことは」シリーズ3巻の感想

叶羽は瑠璃の願いを叶えるために、瑠璃の記憶を振り返る旅路に同行する。

瑠璃にからかわれているのに、叶羽は心優しさを感じる。

叶羽と共に遊園地に行ったり、田舎の農家民泊をしたりして、瑠璃は自分自身を見つめ直す。

少しずつ年齢が幼くなる瑠璃がかわいさを感じられる。

瑠璃が与えられた試練を共に乗り越えることで、叶羽も成長するところは感銘を受ける。

燈華が姉に叶羽のことでからかわれデレるところはかわいすぎる。

叶羽のことが本当に特別で好きなんだなと感じられてニンマリしてしまう。

姉妹の微笑ましいやり取りにもほのぼのとしていて和みます。

白乃の食い意地には脱帽する。

そこにかわいらしさを感じられる。

月泪は碧と瑠璃の3人で仲良くしているところは、微笑ましさがあり和みます。

碧と瑠璃の2人が月泪の髪をいじる光景は仲睦まじさがある。

「あの日、神様に願ったことは」シリーズ3巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの文庫・ラノベ読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目は、BOOK☆WALKERの文庫・ラノベ読み放題

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/


2つ目は、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「あの日、神様に願ったことは」シリーズ3巻のあらすじ
  • 「あの日、神様に願ったことは」シリーズ3巻の感想
  • 「あの日、神様に願ったことは」シリーズ3巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました